ASKAの未発表曲ネタばらし問題について著作権法的に検討する

(写真:Motoo Naka/アフロ)

覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されたASKAさんの未発表曲の音源をテレビ番組で流してしまった件が炎上しています(参照記事)。

上記記事をひと言でまとめると、未発表音源をテレビで公開してしまうのは、著作者人格権のうちの公表権(著作権法18条1項)の侵害にあたるということです。なお、公表権に加えて著作財産権(公衆送信権等)の侵害にもなり得ます。

18条1項 著作者は、その著作物でまだ公表されていないもの(その同意を得ないで公表された著作物を含む。以下この条において同じ。)を公衆に提供し、又は提示する権利を有する(後略)

上記記事でだいたい言い尽くされているのですが、敢えて重箱の隅をつついてみます。

このニュースを聞いたときにASKAさんがJASRACに作品届を出していたらどうなるのかなの思った(著作権を譲渡すると公表に同意したと推定されます(18条2項))のですが、今回勝手に公表された音源はまだ歌詞も付いてないデモ音源だったようなので、その可能性は排除してよさそうです。(追記:JASRACへの著作権移転は作品届に関係なく創作と同時に自動的に発生するのではとのコメントをfbでいただきました。仮にそうだとしてもCDで発表する予定の音源を先に勝手に放送で使うことは公表権の侵害にあたるでしょう(18条2項は推定規定であって権利者による反論は可能です)。

権利制限規定にもついて見てみます。

引用はどうでしょうか?

32条1項 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものかどうかの判断以前に「公表された著作物」となっていることから未公表の著作物は正当な引用の対象ではないことがわかります。

時事の事件の報道のための利用はどうでしょうか?

41条 写真、映画、放送その他の方法によつて時事の事件を報道する場合には、当該事件を構成し、又は当該事件の過程において見られ、若しくは聞かれる著作物は、報道の目的上正当な範囲内において、複製し、及び当該事件の報道に伴つて利用することができる。

この規定は公表済作品に限定されていません。問題はこの未発表楽曲が「当該事件を構成し」「報道の目的上正当な範囲内」にあるかどうかです。「仮に覚醒剤を使用していたとしてもこのようなすばらしい楽曲を作れるのだ」ということを報道する価値があるという主張は成り立つかもしれません。

とは言え、50条にわざわざ注意規定を置いているように、これらの規定は著作者人格権には関係ありませんので、結局、ASKA氏の公表権を侵害するという結論は変わりありません。

第50条 この款の規定(栗原注:著作権制限規定のこと)は、著作者人格権に影響を及ぼすものと解釈してはならない。

ちなみに、41条の規定によって未公表の作品が報道されてOKなケースがあり得るのかとちょっと考えてみたのですが、たとえば、著名な画家が作品を制作中に亡くなって、その作品を報道で紹介する場合がそれにあたるのではと思いました(本人は亡くなっているので公表権はある程度制限されます)。

未発表作品の勝手な公表は、日本はもとより、著作権侵害行為の刑事罰が比較的控えめの米国で行なったとしても刑事罰対象となる行為です。法律の話以前に社会通念的にも許されない行為という意識が強いのではないでしょうか?タクシー車内の映像の件もそうですが、警察に逮捕された人には何をしてもよいというマスメディアの"常識"もそろそろ変わって良い時期だと思います。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    いよいよ年間勝率8割が見えてきた藤井聡太七段(17)デビュー以来3年連続で勝率1位を記録できるか? 松本博文1/27(月) 3:31
  2. 2
    草なぎ剛が演じる独裁者に惹かれてしまう理由 「アルトゥロ・ウイの興隆」 木俣冬1/27(月) 8:30
  3. 3
    初の女性棋士を目指す西山朋佳三段(24)三段リーグ9勝3敗で現在暫定4位 松本博文1/27(月) 15:24
  4. 4
    夫の介護30年。人生100年時代のヒロインの新たな一歩。『イーディ、83歳 はじめての山登り』 杉谷伸子1/27(月) 21:12
  5. 5
    5分でわかる:忙しい人のための2020年オススメ新作冬アニメ47本 小新井涼1/27(月) 8:00
  6. 6
    東出ドラマ 視聴者3割脱落の現実~またも再燃 ドラマと出演者の問題~ 鈴木祐司1/24(金) 9:22
  7. 7
    広瀬章人八段(32)王将戦七番勝負第2局で快勝 絶好調の渡辺明王将(35)を降す 松本博文1/26(日) 19:39
  8. 8
    【対談・室木おすし×ラリー遠田】ドリフ、ウンナン、ダウンタウン……79年世代がお笑いの原体験を語る ラリー遠田1/27(月) 0:16
  9. 9
    弱くて偉大なハムスターが消えた・・・ハム将棋は終了してしまったのか? 松本博文1/26(日) 4:41
  10. 10
    折田翔吾アマ(30)棋士編入試験第3局でスペシャリスト山本博志四段(23)の三間飛車を受けて立つ 松本博文1/27(月) 13:24