黒夢の商標権オークションの落札者について

もう2ヶ月以上前のことですが、ロックバンド「黒夢」関係の商標権が所属事務所の事業清算に伴い、国税庁によりオークションにかけられ、総額百万円強の金額で落札されたというニュースがありました。商標権や特許権も企業の資産なので不動産等の資産と同様、当局に差し押えられ、競売にかけられることはあります。有名な例では、WiMAX事業をやっていたYOZANが倒産して「着メロ」という登録商標が競売で売却された件などがあります。

本日、特許庁のデータベースが更新され、これらの登録商標の新しい権利者が明らかになりました(一般に登録系の情報はアップデートが遅いです)。個人の女性の方です。ネットでオープンにされている(というかオープンにすること(公示)が目的である)情報なので別に隠すこともないのですが、名前をここで書くのはやめておきます。グーグルサーチしても特に業界関係者としてはヒットしないので、黒夢の一ファンなのではないかと推測します(と書きましたがどうやら清春さんの現在の事務所関係者という可能性の方が高そうです(追記:かねてから買取り意図を表明していたマネージャーさんのようです))。一般論として、個人で商標や特許を出願・取得すると個人情報が公報等を通じて公示されてしまいますので注意が必要です。

落札者は、万が一でも「黒夢」の名前が全然関係ない他人に使われることを避けたかったのでしょう。黒夢メンバーによる使用には権利行使しない、それ以外の者については権利行使するという姿勢を明らかにしておけば、別に商標権を黒夢メンバー等に売却するまでもなくこの目的は達成されます。

再来年には更新期限が来てしまいますので、忘れずに更新していただきたいものです。

なお、仮に「黒夢」商標がファンや関係者ではない他人の手に渡っていたとしても、たとえば、「元黒夢・清春」といった使い方にはどちらにしろ商標権は及ばないと思われます。商標としての出所表示機能を発揮しているとは言えず、単なる説明に過ぎないと考えられるからです(クリスタルキング事件なる裁判例があったりします)。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「パラサイト」は大成功! 意外に難しい、アカデミー賞作品賞と日本でのヒットの相関 斉藤博昭2/17(月) 13:52
  2. 2
    女性初の棋士昇格、四段昇段なるか? 西山朋佳三段(24)三段リーグ暫定3位で残すはあと2戦 松本博文2/16(日) 21:07
  3. 3
    新型コロナウイルス 音楽業界への影響は? レジー2/15(土) 17:01
  4. 4
    暗いぞ! ビリー・アイリッシュの新曲、『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』主題歌が最高の理由 川崎大助2/17(月) 12:35
  5. 5
    ハーベイ・ワインスタイン刑事裁判にまもなく判決 猿渡由紀2/17(月) 11:12
  6. 6
    令和によみがえった「ゲーム脳」の“亡霊” ゲーム依存症対策条例案なぜ総ツッコミ受ける? 河村鳴紘2/16(日) 12:00
  7. 7
    新鋭・本田奎五段(22)タイトル戦初勝利 棋王戦五番勝負第2局で渡辺明棋王(35)を降す 松本博文2/16(日) 19:52
  8. 8
    脚本家・大石静が『知らなくていいコト』で示した、「不倫報道」への違和感!? 碓井広義2/15(土) 5:04
  9. 9
    必聴の「シティポップ」の名作が甦る rough laugh、その眩いばかりのポップスが再び輝く時 田中久勝2/17(月) 18:43
  10. 10
    電気グルーヴの二の舞か、槇原敬之の全作消滅? 日本レコード会社のガラパゴス的「自粛」の異様さとは? 川崎大助2/15(土) 12:00