JASRAC、第二審でもファンキー末吉氏に勝訴

いらすとや

元爆風スランプのドラマ-、ファンキー末吉氏が経営するライブハウスの著作権使用料支払いに関するJASRACの裁判の一審判決でJASRACが勝訴したことは既に書きました

その裁判の知財高裁での第二審の判決文が公開されていました。要旨も公開されていることから、知財高裁としても社会的に影響が大きい裁判ととらえていたのではないかと思われます。

内容的には再びJASRAC側のほぼ全面勝訴です。賠償金額は、算出前提の変更により300万円弱から500万円弱に増額になってしまいました。裁判の内容は特に新しい論点や証拠があるわけでもなく一審とほぼ同じです。既に書いたように、1.演奏主体の問題(いわゆるカラオケ法理)、2.自分の作品の演奏は著作権侵害ではない、3.無過失、4.JASRACとの調停により許諾済、5.権利濫用等が論点になっており、裁判所の判断もほぼ同じで、末吉氏側の主張はほとんど認められていません。

要旨には、1のカラオケ法理の話が中心に書かれていることから、知財高裁としてはこれが最も重要な論点と考えていたのではないかと思います。

ライブハウスを商売として経営している以上、演奏行為の主体とされ、著作権使用料の支払い義務が生じることは、判例の積み重ねもあり、やむをえない結論と思います。そもそも、前も書きましたが演奏の主体はライブハウスではなく出演ミュージシャンであると主張すること自体が、訴えるなら店ではなくてミュージシャンを訴えろということなので訴訟戦術としては筋悪だと思います。

日本IBM、ガートナージャパンを経て2005年より現職、弁理士業務と知財/先進ITのコンサルティング業務に従事、『ライフサイクル・イノベーション』等ビジネス系書籍の翻訳経験多数 IT系コンサルティングに加えてスタートアップ企業や個人の方を中心にIT関連特許・商標登録出願のご相談に対応しています。お仕事のお問い合わせは http://www.techvisor.jp/blog/contact または info[at]techvisor.jp から。【お知らせ】Skype/Chatworkによる特許・商標の無料相談実施中です。詳しくは上記お問い合わせ先から。

有料ニュースの定期購読

栗原潔のIT特許分析レポートサンプル記事
月額880円(初月無料)
週1回程度
日米の情報通信技術関連の要注目特許を原則毎週1件ピックアップし、エンジニア、IT業界アナリストの経験を持つ弁理士が解説します。知財専門家だけでなく一般技術者の方にとってもわかりやすい解説を心がけます。特に、訴訟に関連した特許やGAFA等の米国ビッグプレイヤーによる特許を中心に取り上げていく予定です。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    スタートした『麒麟がくる』は、「歴史ドラマの総本山」復活の予感!? 碓井広義1/20(月) 1:35
  2. 2
    デビュー以来竜王ランキング戦で負けなしの藤井聡太七段(17)史上初の4期連続優勝なるか? 松本博文1/19(日) 23:42
  3. 3
    『麒麟がくる』帰蝶役に抜擢された川口春奈の“挫折” てれびのスキマ1/19(日) 16:30
  4. 4
    大河ドラマ『麒麟がくる」が見せた圧倒的映像の力 視聴者を惹きつけたポイント 堀井憲一郎1/20(月) 19:30
  5. 5
    異次元に強い藤井聡太七段(17)朝日杯3連覇まであと2勝! 準々決勝で斎藤慎太郎七段(26)に勝利 松本博文1/19(日) 16:43
  6. 6
    50代の大学教授がSNSで24歳になりすまし、危うい恋に溺れていく。『私の知らないわたしの素顔』 杉谷伸子1/19(日) 21:17
  7. 7
    「天気の子」がアメリカで公開。批評家はなんと言っているか? 猿渡由紀1/18(土) 9:30
  8. 8
    歌手でモデルの篠崎愛が人気男性誌で歴代1位に!! 今でも韓国で人気のワケ 慎武宏1/19(日) 8:05
  9. 9
    カズ・ヒロ氏、またもやオスカー候補入り。国籍と名前を変えた心境を聞く 猿渡由紀1/14(火) 6:01
  10. 10
    和楽器バンド 経験と挑戦を詰め込んだ最新EPで、強い意志表示 世界に照準を合わせる8人の現在地 田中久勝1/19(日) 12:06