依然として不透明感は残るものの、昨年の大きなショック後の金融市場の回復状況をみても、今回はその経験も生かされてパニック的な動きは一時的なものに収まる可能性がある。