先物の現引き現渡しが絡んではいる。しかし、それとともにコロナ禍における原油需要の後退と、経済活動再開による銅需要の急拡大によって、先物と現物のバランスが崩れた事例といえよう。