金融政策は物価を操作するのではなく、それを金融市場を通じて環境を作ることが本来の目的である。しかも、経済・物価の情勢変化に応じて柔軟な対応が求められる。