きょう27日(金)は東~北日本に活発な雨雲がかかり続け、宮城県でも今年一番の大雨になりました。ただ週末になると徐々に天気は回復して気温が上がり、今度は今年一番の暑さがやってきそうです。

暑さの原因は日差し・暖気・風

きょうは低気圧や湿った空気による雨雲がかかりましたが、18時現在で既に雨雲は東北地方から抜けつつあります。

29日(日)は朝鮮半島~大陸に広がっている晴天域が移動してくるため、東北地方はよく晴れて強い日差しが降り注ぐでしょう。

27日(金)18時の衛星赤外画像(提供:ウェザーマップ)
27日(金)18時の衛星赤外画像(提供:ウェザーマップ)

しかも現在、この低気圧の後ろの中国大陸には暑い空気の塊ができていて、これが29日(日)に東日本や東北に流れ込んでくる見込みです。

衛星赤外画像に上空約1500mの暖気を重ねた図(提供:ウェザーマップ)
衛星赤外画像に上空約1500mの暖気を重ねた図(提供:ウェザーマップ)

29日(日)の上空約1500mの暖気(提供:ウェザーマップ)
29日(日)の上空約1500mの暖気(提供:ウェザーマップ)

これらの日差し・暖気に加えて、風も暑さの一因となりそうです。

あす~あさっては南の高気圧と北の低気圧の間で東北地方は西風が吹く見込みです。この西風が奥羽山脈を越えて吹き降りる際に気温が上がるフェーン現象も加わると見られます。

29日(日)の風の予想(ウェザーマップ提供に著者加工)
29日(日)の風の予想(ウェザーマップ提供に著者加工)

29日(日)の最高気温分布の予想では、日本海側の山形県や秋田県以上に、西風の風下にあたる宮城県や福島県の方が気温が上がる予想となっていて、福島県の浜通りでは真夏日になる所も多い予想です。

29日(日)の最高気温の分布予想(提供:ウェザーマップ)
29日(日)の最高気温の分布予想(提供:ウェザーマップ)

気象庁の予想では、仙台も29日(日)の最高気温は30度。もしかしたら宮城県内では今年初となる真夏日になるかもしれません。

大陸からの空気なので、湿度の低いカラッとした暑さではありますが、熱中症には十分ご注意下さい。

気象庁・ウェザーマップ発表の予想最高気温(提供:ウェザーマップ)
気象庁・ウェザーマップ発表の予想最高気温(提供:ウェザーマップ)