大谷翔平、日本人メジャーリーガー最速10号は射程圏内

5月3日の試合で今季9号本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 5月3日(日本時間4日)のタンパベイ・レイズ戦で、特大の今季9号本塁打を放ったロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平。今季、チーム27試合目、自身26試合目で放った9本目のホームランだった。

 これまでに8人の日本人選手が、計21度メジャーリーグでシーズン二桁本塁打を記録している。

 シーズン10号本塁打の最速を見ると、出場試合数は2019年の大谷翔平の44試合だが、この年の大谷はケガで1ヶ月ほど出遅れ、シーズン初出場は5月7日だった。チームの試合数でだと、2004年の松井秀喜(当時ニューヨーク・ヤンキース)の53試合目が最速。この年の松井は日本人メジャーリーガー記録のシーズン31本塁打を放っている。

 これまでのシーズン9号本塁打の最速は、04年松井秀のチーム50試合目(6月1日)だったが、大谷はチーム27試合目(5月3日)と大幅に記録を塗り替えている。

 大きなケガで離脱しない限り、日本人メジャーリーガー・シーズン10号本塁打の最速記録も塗り替えるはずだ。

MLBでシーズン2桁本塁打を放った選手の9号と10号本塁打。(9)は9号、(10)は10号で、出場は該当選手の出場試合数、試合は当該チームの試合数。赤字は日本人最速記録(表作成:三尾圭)
MLBでシーズン2桁本塁打を放った選手の9号と10号本塁打。(9)は9号、(10)は10号で、出場は該当選手の出場試合数、試合は当該チームの試合数。赤字は日本人最速記録(表作成:三尾圭)