来春に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表「侍ジャパン」の一部メンバーが、20日に日本野球機構より発表された。

選ばれたのは大谷翔平投手、山田哲人内野手、筒香嘉智外野手など18選手。侍ジャパンの指揮を執る小久保裕紀監督は、「WBC出場選手選考に当たり、本日18名の選手を発表させていただくこととしました。選ばれた選手達には、侍ジャパン代表としての責任と自覚を持ってオフを過ごし、2月1日からの所属球団のキャンプイン、23日からの日本代表強化合宿を万全の状況で迎え、WBC世界一奪還を目指して準備を進めてほしいと考えています。残りの選手に関しては、MLB所属選手含めて、現在選考中です。決まり次第発表させていただきたいと思っています」とコメント。

最終メンバーは28人なので、メジャー組を含めた残り10選手は2月6日の登録期限までに選ばれる。

投手としてだけでなく、打者としての活躍も期待される大谷翔平(三尾圭撮影)
投手としてだけでなく、打者としての活躍も期待される大谷翔平(三尾圭撮影)

今回発表された18選手は以下の通り。

【投手】7人

大谷翔平(日本ハム)

増井浩俊(日本ハム)

宮西尚生(日本ハム)

菅野智之(巨人)

則本昂大(楽天)

牧田和久(西武)

秋吉亮(ヤクルト)

変則右腕の秋吉亮にはブルペンの核としての活躍が期待される(三尾圭撮影)
変則右腕の秋吉亮にはブルペンの核としての活躍が期待される(三尾圭撮影)

【捕手】2人

嶋基宏(楽天)

大野奨太(日本ハム)

【内野手】5人

中田翔(日本ハム)

山田哲人(ヤクルト)

坂本勇人(巨人)

松田宣浩(ソフトバンク)

菊池涼介(広島)

現役最高打者、山田哲人の起用法が鍵となる(三尾圭撮影)
現役最高打者、山田哲人の起用法が鍵となる(三尾圭撮影)

【外野手】4人

筒香嘉智(DeNA)

内川聖一(ソフトバンク)

鈴木誠也(広島)

秋山翔吾(西武)

和製大砲、筒香嘉智のパワーは世界でどこまで通用するのか?(三尾圭撮影)
和製大砲、筒香嘉智のパワーは世界でどこまで通用するのか?(三尾圭撮影)