12月31日、ボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが行われ、同級王者の井岡一翔(32=志成)が同級6位の福永亮次(35=角海老宝石)と戦った。

井岡にとって4度目の防衛戦となった。

試合の展開

試合が始まると、挑戦者の福永が積極的に攻撃を仕掛ける。福永はこの階級で驚異のKO率を誇り、15勝のうち14のKO勝利している。

自慢の強打を武器に攻める福永に対して、井岡は距離を取りながら様子を見る。

次のラウンドでは、井岡もボディにパンチを集めて攻撃を仕掛けていく。徐々にお互いの距離が詰まり、激しい攻防が繰り広げられた。

前半は、福永に勢いがあり互角の展開を見せていたが、徐々に井岡がペースを掌握していった。

井岡は、追い討ちをかけるようにボディにパンチを集める。更にモーションのない鋭い右ストレートで、福永の勢いを止めていた。

攻撃が単調になってきた福永に対し、井岡はボディ、フックと多彩なコンビネーションを繰り出す。

しかし、後半になると井岡もペースダウン。福永が盛り返しをはかり、ロープでパンチを集めて逆転を狙うが、井岡の防御は崩せない。

最後は井岡がポイントをリードして流すのに対し、福永は攻めて見せ場を作った。

勝敗は判定となり3-0(115-113、116―112、118―110)で、井岡が4度目の防衛に成功した。

勝敗のポイント

採点は競っていたが、試合内容を見れば井岡の完勝だった。

井岡のボクシングは職人芸のようだ。パンチを当てるタイミングが独特で、気づいたらパンチが相手に届いている。

試合後のインタビューで福永も「パンチが芯に当たらなかった。顔色も変わらないし、モーションがなくてパンチが見えなかった」と話していた。

試合になるとパンチを強く打とうとして、力みが出るものだ。しかし、井岡のパンチには気配がない。

これまで井岡と対戦した選手たちからも「気づいたらパンチをもらっていた」という話を聞く。気づけないパンチというのは、向かい合った相手からすれば恐怖だろう。

決して派手なスタイルではないが、じわじわと相手を追い詰めていく。高い技術と忍耐力がある井岡だからこそできる芸当だろう。

統一チャンピオンになる

試合後には「世界戦は簡単に勝ち続けられない。舞台慣れしていても結果を残すことができてよかった」と安堵の表情を浮かべていた。

今回は直前に対戦相手が変更するなどイレギュラーな試合だった。当初決まっていた対戦相手のアンカハスと福永が同じサウスポーということで、試合を引き受けたようだ。

後半に攻められ、防御に徹する場面も見受けられたが「リスクをとって戦いたくなかった。打ち合いでダウンや怪我をしたくなかった」と話していた。

前半でポイントをリードしていたので、無理に攻めに行かなかったのだろう。

今後、井岡が目指すのは統一戦だ。春ごろにIBF王者のアンカハスとの対戦を目指す。

この階級は以下の世界王者たちが君臨している。

WBA&WBC ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)

IBF ヘルウィン・アンカハス(フィリピン)

WBO 井岡一翔

アンカハスは、2月にフェルナンド・ダニエル・マルティネス(アルゼンチン)と対戦する。その試合に勝利すれば、井岡との対戦に合意している。

また、統一王者のエストラーダは、元王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との対戦が決まっている。

順当に勝ち進めば、4つのベルトをかけた試合も見えてくるだろう。

井岡は「来年は統一チャンピオンになる。アンカハスに勝てばそれにグッと近づく。2本ベルトがまとまれば、次を引き寄せられる」と抱負を語った。

32歳となった井岡の戦いは続く。