5日(日本時間6日)、ボクシングWBA世界ライト級タイトルマッチが行われ、同級王者ガーボンタ・デービス(アメリカ)とアイザック・クルス(メキシコ)が対戦した。

当初は、デービスと同級1位ローランド・ロメロ(アメリカ)の対戦が予定されていたが、ロメロの暴行事件が発覚したことにより、対戦相手が変更になった。

試合の展開

デービスは、これまで25戦全勝24KOを誇るボクサーだ。

身長166cmと小柄ながら、それを補って余りあるパワーがあり、世界戦では9戦全勝全KOを誇る。

現在、WBAライト級 &WBAスーパーライト級の2階級でベルトを持っている。

試合が始まると、サウスポーのデービスに対して、クルスがガードを固めながら前に出る。デービスは下がりながらパンチを合わせるが、クルスが前に出てプレッシャーをかけペースを握る。

デービスはクルスの入り側にアッパーを合わせるが、ガードが固くなかなか崩せない。前半は一進一退の互角の展開で試合が進んでいった。

中盤に入ると徐々にとクルスの勢いがなくなり、中距離戦になるとデービスの強烈なフックやアッパーが際立った。

負けじと打ち返すクルスだが、疲労やダメージの影響で手数が少なくなっていた。

仕留めにかかるデービスは強烈なパンチを打ち込むが、タフなクルスの牙城はなかなか崩せない。最後は追うクルスに対して、デービスが足を使って捌いていた。

試合は判定までもつれ込み3-0(116-112、115-113、115-113)で、王者デービスがWBA世界ライト級王座防衛に成功した。

勝敗のポイント

試合はデービスの勝利で終わったが、クルスが予想以上の健闘を見せた。

特に、前半はガードを固めながら前進してパンチを打ち込み、デービスも手を焼いていた。

パンチが強く当たる距離はボクサーによって違う。

デービスの場合、中距離から近距離となるが、クルスが近距離戦で仕掛けてきたため、自分の得意な距離に持ち込めなかった。

クルスは少しでも距離が離れればデービスの得意な間合いになるため、距離をつめプレッシャーをかけ続けていた。

クルスの健闘には驚いたが、的確に強打を打ち込みポイントを積み重ねた王者の勝利となった。

デービスは試合後のインタビューで「拳を痛めて左手が痛かったが、このスポーツにありがちなこと。彼は強い相手で素晴らしかった。ノックアウトを狙っていたが、彼が反撃していたので難しかった」と話している。

左手の負傷もあり苦戦はしたが、ところどころで見せ場を作ったデービスの技術の高さとパワーはこの階級でも脅威になるだろう。

ライト級は戦国時代に突入

試合後のインタビューでは「ヘイニー、カンボソス、ガルシア、今後誰と戦いたいか」という質問に対して「誰と戦っても楽勝」と強気な発言もあった。

ライト級は今まさに戦国時代と言えるだろう。

27日に行われた4団体統一王者テオフィモ・ロペス(アメリカ)では、IBFの指名挑戦者で同級1位ジョージ・カンボソス・ジュニア(オーストラリア)にまさかの1-2で判定負けを喫した。

それにより現在は以下の王者たちが君臨している。

WBA&WBCフランチャイズ&IBFWBO ジョージ・カンボソス・ジュニア

WBAレギュラー ガーボンタ・デービス

WBC正規 デヴィン・ヘイニー

WBC暫定 ジョセフ・ディアス

他にも、元3団体統一王者のワシル・ロマチェンコや、期待のホープライアン・ガルシア、カンボソス・ジュニアに敗戦した元4団体統一王者のテオフィモ・ロペスなどタレント揃いだ。

全階級で最も選手層が厚いライト級、その頂上に輝くのは一体誰になるのか注目したい。