ボクシングWBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(35=帝拳)が、12月28日、兵庫県神戸市で、現IBF世界同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(39=カザフスタン)との王座統一戦に臨む報道がされた。

ゲンナジー・ゴロフキンとは

ゴロフキンはミドル級最強の呼び声高いボクサーだ。

アテネ五輪ミドル級で銀メダルを獲得してプロデビュー。プロ戦績は43戦41勝(36KO)1敗1分で、元3団体統一(WBA、WBC、IBF)の実績をもつ。

2010年に初の世界タイトルを獲得し、19回連続防衛に成功した。

プロキャリア唯一の敗戦と引き分けは、現役最強と言われるサウル・アルバレス(メキシコ)との試合。ゴロフキンが勝利したのではとの見方もあったほど接戦だった。

ゴロフキンの強みと言えば、真っ先に挙がるのがパンチ力だ。世界戦も含めて23試合連続KO勝利の記録を打ち立てたほどだ。

プロアマ通じてダウン経験もなく、底知れないスタミナやパワー、テクニックとボクサーに必要な資質を兼ね備えている。

また、ファンや対戦相手に敬意を払う人格者としても知られ、村田も「彼は紳士で尊敬できるボクサー」と評価している。

年齢は39歳となり多少の衰えはあるが、第一線で戦い続けている人気のボクサーだ。

アメリカを主戦場としているゴロフキンが来日するとの報道に、日本のボクシングファンからも喜びの声が上がっている。

村田諒太の歩み

村田はロンドン五輪ミドル級金メダリストとしてプロデビューし、日本人では難しいと言われる階級で世界王者になった。

日本人ボクサーで五輪金メダリストとして、世界王者になった選手は村田以外にいない。

前回、2019年12月に行われた試合ではスティーブン・バトラー(カナダ)を5ラウンドTKOで破っている。

新型コロナウイルスの影響で世界戦が難しくブランクはあるが、かねてよりビッグマッチを熱望していた村田にとって、この対戦の決定でモチベーションは充分だろう。

ゴロフキンとは世界ランカー時代に交流があり、ともにトレーニングキャンプに参加し、スパーリングの相手をしたという。

当時はプロになったばかりだったが、「ゴロフキンと僕の実力は雲泥の差でした」と語っていた。

写真:西村尚己/アフロスポーツ

どんな展開が予想されるか

著者はアマチュア時代に村田と国際大会に出場した経験がある。

当時、日本のボクシングはレベルが高いとは言えず、海外のトーナメントでは一回戦負けが普通だった。

しかし、村田は初出場で決勝まで勝ち進み、見事銀メダルを獲得した。

一緒のジムでトレーニングしていたが、非常に研究熱心で負けず嫌いという印象を受けた。

ランニングでも常に先頭を走っており、ジム内でも刺激を与えてくれる存在だった。

前回の試合から約2年のブランクがあるが、それも前向きに捉えて試合に臨むことだろう。

パンチ力があり遠距離で強さを発揮するゴロフキンだが、近距離では村田に分がある。

ゴロフキンは打ち合いになる時に大振りになる傾向があるので、そこに村田のショートパンチが入れば面白い展開になるだろう。

ボクシング界の生きる伝説を相手に、どんな試合をしてくれるのか非常に楽しみだ。

2021年を締めくくるにふさわしい一戦となるだろう。