東京五輪ボクシング男子フライ級の田中亮明(27)が、26日の初戦でリオ五輪銀メダリストのフィノル・リバス(ベネズエラ)を相手に勝利した。

田中はフライ級では170cmと長身でサウスポーだ。左ストレートは破壊力があり相手を怯ませるのに十分な迫力がある。

これまでは、長身を生かしたアウトボクシングで、どちらかというとカウンター重視のボクシングだった。

試合前のインタビューで「相手を倒すつもりで向かっていく。自分から仕掛けて倒しにいきたい」と話したようにボディ打ちも交え、相手の勢いを止め、見事に大金星をあげた。

序盤から積極的に攻める姿勢がレフェリーに評価され、ポイントに繋がったのだろう。

変わったきっかけ

亮明を変えたのは、弟でボクシング世界3階級王者の実績を持つ田中恒成(26=畑中)だ。

恒成は、高校卒業と同時にプロに転向し、プロ入りから僅か5戦で世界王者に輝いた実績を持つ。

それまでは、別々に練習していたが、新型コロナウイルスの影響で1年の延期が決まってから一緒のジムで練習していた。

「弟と一緒に練習してアドバイスをもらうことが増えた。ボクシングスタイルも変えて、攻めに行くことのアドバイスなどもらい、環境やスタイルも大きく変わった」

「ボクシング以外の話題で話すことはない」と話していたが、一緒にいる時間が長くなったおかげでコミュニケーションも増え、兄弟としての絆も深まったようだ。

恒成のアドバイスに「力強いパンチが打てるようになって、体力を気にしないで戦えるようになった。年下だけどすごい選手。自分にここまで言ってくれる人はいない。素直にありがたいなと思った」と感謝を伝えている。

初戦を観戦した田中恒成は「良い戦いぶりだった。興奮する戦いぶり。気持ち良かった。昔から今までも含めて、オレの周りの中で一番強いボクサー」と勝利を喜んだ。

五輪への想い

亮明は前回のリオ五輪、あと一歩のところで代表権を逃した。その悔しさもあり東京五輪への意気込みは強い。

「目標は金メダル。オリンピックで派手な試合をして目立ちたい」

次戦は31日、リオ五輪銅メダルで168センチ長身の胡建関(フ・ジャンガン=中国)と対戦する。

またしても強敵だが、勝てばメダルまであと一歩だ。

日本人のフライ級でのメダル獲得は、60年ローマ五輪銅メダルの田辺清以来の快挙となる。

積極的なボクシングで勝ち進んでほしい。

【この記事は、Yahoo!ニュース個人編集部とオーサーが内容に関して共同で企画し、オーサーが執筆したものです】