3階級王者リナレスが米国で再起 今一番熱いライト級で王座返り咲きへ

(写真:ロイター/アフロ)

2月14日(日本時間15日)にアメリカのカリフォルニア州ホンダ・センターで、ボクシング元3階級王者のホルヘ・リナレス(34=ベネズエラ)と、カルロス・モラレス(アメリカ)との対戦が発表された。

リナレスは、世界王者に向けてアメリカで再起をはかる。

激動のボクシングロード

リナレスはアマチュアで150戦以上の経験があり、17歳で日本の帝拳ジムでプロデビュー。

これまでのキャリアは、51戦46勝(28KO)5敗。その半数近くは日本で試合をしている。

初の世界タイトル獲得は、2007年のWBC世界フェザー級王座決定戦だ。オスカー・ラリオス (メキシコ)を相手に10RKOで破った。

2008年には階級をスーパーフェザー級に上げて、2階級制覇を達成。

順調なキャリアを歩んでいたが、その後多くの挫折を味わった。

2009年に行われた日本での防衛戦では、まさかの1RKO負け。その後も連敗が続きスランプに陥った。

しかし、粘り強く試合を重ねチャンスを待った。

そして、2014年に日本で行われたWBC世界ライト級王座決定戦では、ハビエル・プリエト(メキシコ)を4RKOで下し、3階級制覇を達成した。

その後はWBAの王座も獲得し、統一王者にも輝いた。

2018年にはパウンドーフォーパウンド(全階級を通じて最強)で、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と戦いダウンを奪ったが、10R目に逆転され敗れた。

最強王者と熱戦を演じ、あと一歩のところまで追い詰めた。

階級を一つ上げてスーパーライト級に転向するが、その試合でまさかの1RKO負け。

再起を図り、昨年9月に後楽園ホールでアル・トヨゴン(比)と戦い、6年ぶりの日本復帰戦を判定勝利で飾った。

激動のボクシング人生を歩んでいる。

写真提供SUZUKI SATOSHI
写真提供SUZUKI SATOSHI

リナレスのスタイル

リナレスのボクシングの特徴は「スピード」だ。

高速でパンチを放ち、気づいたらパンチが相手に届いている。

また、滑らかなコンビネーションを放ち、テクニックもずば抜けている。

私は同じジムで一緒にトレーニングをしていたが、基本に忠実なスタイルだ。

ボクサー達からは「ボクシングの教科書」と言われていた。

その名の通りボクサーのお手本となる選手で、彼のスタイルに影響を受けた選手も多い。

パンチ力もあり実践練習でのスパーリングでは相手を倒してしまい、手加減をさせられるほどだった。

特にワンツーの切れ味が鋭く、一撃で試合を決めるほどだ。

リングでは圧倒的な強さを誇るリナレスだが、普段は非常にフレンドリーでナイスガイだ。

また、日本語も堪能でスペイン語、英語と三ヶ国語を話す。

初の世界タイトルを獲得した直後には、母国語ではなく日本語で「やったー!」と叫んだエピソードもある。

本人も「日本に来たからチャンピオンになれた。環境があっている」と話していた。

写真提供SUZUKI SATOSHI
写真提供SUZUKI SATOSHI

激戦のライト級

リナレスが主戦場とするライト級は、全階級の中でも大きな盛り上がりを見せ、現在は以下の王者が君臨している。

【WBAスーパー、WBC、WBO】ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

【WBAレギュラー】ガーボンタ・デービス(アメリカ)

【IBF】 テオフィモ・ロペス(アメリカ)

3団体のベルトを持つ、ロマチェンコを中心にタレント揃いだ。

昨年12月に行われたIBF世界タイトルマッチでは、前王者のリチャード・コミー(ガーナ)を2RTKOで破り、テオフィモ・ロペスが新王者となった。

ロペスとロマチェンコは、4月に4団体統一の頂上決戦を予定している。

その他にも、フロイド・メイウェザーの秘蔵っ子と言われたガーボンタ・デービスが、スーパーフェザー級から階級を上げて来た。

昨年末にWBA世界ライト級レギュラー王座を獲得し、2階級制覇を達成している。

そして、リナレスと同じ興行に出場するライアン・ガルシア(アメリカ)にも注目したい。

ガルシアはアメリカ期待の新星で、弱冠21歳で19戦全勝(16KO)の戦績を誇る。

ルックスも良く、SNSのフォロワーは400万以上とずば抜けている。

SNS場では、ガルシアがリナレスとの対戦を望む投稿をしており、リナレスも「かかってこい」と対戦に前向きだ。

両者が勝てば、試合が実現する可能性も高まるだろう。試合が決まれば、新旧スピード対決として注目が集まる。

リナレスが今回対戦するカルロス・モラレスは、ガルシアが対戦した相手で唯一ガルシアを苦しませた相手だ。

今回の試合に勝利する事が、ビッグマッチへの大きなチャンスとなる。リナレスの圧倒的なパフォーマンスに期待したい。

Linares Official
Linares Official