人気上昇中 具志堅用高氏の記録更新を狙う世界王者「拳四朗」とは

写真提供 FUKUDA NAOKI

現在日本人の世界王者は7名いる。バンタム級で圧倒的な強さを誇る井上尚弥(26=大橋)を筆頭に、先日ミドル級のタイトルを衝撃的なKO勝ちでリベンジを果たした村田諒太。

そして、日本人初となる4階級制覇を果たした井岡一翔(30=Reason大貴)など、日本人ボクサーの活躍が著しい。

その中で日本人最多の6度の防衛回数を誇り、ブレイク中のボクサーがいる。

名前は「拳四朗」(27=BMB)。WBC世界ライトフライ級王者だ。

名前の由来は、あの有名な漫画の北斗の拳のケンシロウから取られたものだ。

拳四朗とは

父親は、OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者の「寺地永」。父の影響でボクシングを始め、2人3脚で世界王者までたどり着いた。

タイトルを獲ったのは2017年。アマチュアで国体優勝の実績を得て2014年にプロ入り。その後、僅か3年で世界王者に輝いた。

戦績は16戦全勝で、9つのKO勝ちをしている。軽量級でありながらKO率も高い。

7月に行われた6度目の防衛戦では、最強挑戦者の同級1位ジョナサン・タコニン(32=フィリピン)を4RでKOした。

これまでの防衛戦の相手は、元世界王者や統一王者も多数含まれている。そんな強い選手達を圧倒的なKOで下し、実力を示している。

その強さ故にランキング上位選手でも相手にならない。強い相手を求めて、自ら最強挑戦者を募集するほどだ。

画像

拳四朗のボクシング

試合後には恒例のダブルピースをする。にこやかな顔つきからは、決してボクサーには見えない。

彼と街ですれ違っても、世界王者だとは気づかないだろう。

しかし、一度リングに立てば、表情がガラッと変わる。そのボクシングスタイルには油断も隙もない。

軽快なフットワークとジャブを起点にして、相手をコントロールする。序盤で自分のペースに持っていき、相手を弱らせてKOに繋げてきた。

また、得意の右ストレートは、一撃で相手を仕留めるキレと破壊力がある。

私は以前ミット打ちで、彼のパンチを受ける機会があった。鋭い踏み込みからのパンチは、体重がのっていて手が痺れるほどだ。

KO率が高いのも納得だ。

加えて、フットワークの出入りが速いため、相手のパンチをもらわない。

ヒットアンドアウェイで、ここまで危なげなく勝ち続けてきた。

ライトフライ級は、最軽量級のミニマム級から1.3kg重い階級となる。

手数とスタミナ重視のミニマム級に比べて、この階級ではKO率もグンと高まる。

拳四朗もキレとタイミングで、6度の防衛戦のうち4試合を序盤から中盤で倒している。

本人もこの階級が適正のようで、これからも防衛回数を伸ばしていくだろう。

FUKUDA NAOKI 提供
FUKUDA NAOKI 提供

拳四朗の目標

拳四朗の目標は、レジェンド具志堅用高氏の持つ、日本歴代1位の13回の最多防衛記録を超える事だ。

近年では、神の左の山中慎介氏が、日本歴代2位の12回の防衛記録。ノックアウトダイナマイト内山高志氏は、日本歴代の3位の11回の連続防衛記録を持つ。

最近は、複数階級制覇が主流となり、一つの階級に留まる選手が減っている。

特に若い選手が王者になると、体の成長に合わせて階級を上げていくケースが多い。

そのため、具志堅氏の記録を超える選手はなかなか出てこない。その中で唯一、可能性があるのが拳四朗だ。

相手がいない拳四朗は、他団体への王者との統一戦も歓迎している。

この階級には、対抗王者としてWBA王者の京口紘人(25=ワタナベ)もいるため、統一戦への期待も高まる。

両者ライバル関係で意識しているので、このまま勝ち進めば、対戦の可能性も大いにあるだろう。

国内ボクシングを、どんどん盛り上げていって欲しい。今最も勢いに乗り、人気急上昇中の拳四朗に注目だ。