亀田和毅「完璧に仕上げてきた」最強王者バルガスとアメリカで統一戦

写真 全て本人提供

7月13日(日本時間14日)、アメリカのディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークで、WBCスーパーバンタム級暫定王者の亀田和毅(27=協栄ジム)と、正規王者レイ・バルガス(28=メキシコ)の王座統一戦が行われる。

試合はDAZNで生中継され、2万3000人収容のスタジアムで行われる注目の試合だ。

アマチュア時代の因縁の相手

対戦相手のバルガスは、和毅にとって因縁の相手だ。10年以上前、2人はメキシコで対戦したことがある。

その試合では、身長が高いバルガスのリーチに阻まれて、手数を出され、ジャブでコントロールされ、判定で負けたと話していた。

その後お互い王者となり、今回の試合を迎えることになった。このタイミングで戦うとは縁がある。

バルガスはスーパーバンタム級で一番強い選手と言われている。

ボクシングとは面白いもので、強い選手に勝てば、評価も一気に逆転する。

世界で中継される、この一戦に勝てば、和毅の評価も一気に上がるだろう。

「アマチュア時代に唯一負けたレイ・バルガスに、リベンジします」と誓った。

画像

試合に向けての調整

試合のテーマについて「後半戦に落ちないようにする」と語った。

その為に、3月から本格的な体づくりを始め、事前のキャンプで肉体を追い込んできたようだ。

ボクサーにとって、ハードなトレーニングは重要だ。きつい練習を乗り越えると、それが自信となり、パフォーマンスも向上する。

和毅のようにキャリアが長い選手であれば、ボクシングのベースはある程度出来上がっている。

あとは、試合で戦い抜けるスタミナとフィジカルを作れるかが、重要になってくる。

今回のトレーニングで「フィジカル面、メンタル面がすごく成長した」と手応えを感じているようだ。

調整も上手くいったようで、「パワー、スピード、スタミナ、技術、戦略も全て、トレーナーと完璧に仕上げてきた」と話していた。

彼の肉体を見ても、体幹部分に厚みが出て、引き締まっている。

筋肉をつけると体重は増えるが、代謝が上がるので体重は落ちやすくなる。

充実した練習ができたようで、「全ての準備は整いました。あとは、俺のボクシングを試合に出すだけです」と話していた。

画像

初のメインイベントで全世界に配信

今回の試合は、メインイベントとして世界中に配信される。

和毅は、試合を楽しみにしているようで「世界中のボクシングファンに評価してもらえるチャンス。

ここでしっかりアピールして、世界の和毅になれるように頑張ります!」と話していた。

そして「アメリカでスターになりたい」という夢も語ってくれた。

今回の試合に勝てば、その夢に一歩近づく。

また、和毅は自身のキャリアのゴールとして「世界で認めてもらえるような選手になりたい」と話していた。

タイトルなどの記録よりも、これからボクシングをやる子供達が、

「和毅はかっこよかったな、強かったな」「和毅のようになりたいな」と、勉強してもらえるような選手になりたいと語った。

今回の試合が、和毅のキャリアのターニングポイントになるだろう。

海外で評価の高いバルガス相手に、どのような戦い方をするかに注目だ。

ボクシング人生をかけた試合が、いよいよ始まる。

画像