亀田興毅が完全引退 天心戦で伝えたかったメッセージとは

写真提供 スタッフ、Satoshi Suzuki撮影

キックボクシングの世界王者の那須川天心(20)と、ボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅(32)が、AbemaTVスペシャルマッチで対戦した。

激戦を繰り広げた両者だが、天心が亀田相手にボクシングでも高い実力を示した。

試合は大きな反響があり、AbemaTVの総視聴者数が1000万を超え、コメント数も40万を超えた。

2019年放送番組の中で、1位となる最高記録を更新。

また、Twitterでトレンド入りし最高2位、試合翌日に公開されたYouTube動画は急上昇ランキング1位を獲得している。

ネットでは、過去に例を見ないほどの反響となった。

試合後の控え室で、今回の戦いに挑んだ亀田に話を聞いた。

天心との対戦について

試合後に亀田は、晴れ晴れとした表情で、

「もうちょっといい試合が観せられたらよかったんですけどね。さすがに、衰えには勝てなかった」

と素直な感想を話してくれた。

天心との対戦に対しては、「すごく楽しかった。戦ってて思ったけど、天心くんは、頭もいいし、感のいい選手ですよ」

と話し、その実力を絶賛した。

特に優れている点としては、「距離感が上手いですね。しっかり自分のペースを崩さず戦えるのはすごい」と語った。

3R目にヘッドギアを外したことに対しては、

「最後は、興奮してヘッドギアをとってしまった。面白いかな、盛り上がるかなと思って」と、プロとしての血が騒いだようだ。

試合前の会見や公開練習の時から、亀田は、誰よりもこの試合を盛り上げようと演じていた。

その姿から、この競技を多くの人に、知ってもらいたいという熱い想いを感じた。

画像

ボクシングに対するメッセージ

また、今回の試合の意味や、これからのボクシング界について、

「今日の戦いは、これからの格闘技界へのメッセージでもある」と話した。

「これからも格闘技界の中心でやっていくファイターと、引退したボクサーが拳を交えるっていうのは嬉しいこと。

でもやっぱり、こういう戦いが実現するのは難しい」

と、この試合が実現するまでの、苦悩を話した。

「批判の中、この試合をやったのは、自分なりにこの格闘技界に伝えたいものもあったし、

ボクシングを含めて、格闘技全体が盛り上がったらいい。

全てが1つになって戦わなければ、サッカー、野球などのメジャースポーツには勝てない」と語った。

ボクシングで育ち、この競技に人生を懸けてきた亀田は、この業界を盛り上げたいという想いが誰よりも強い。

「ルールをしっかり守って、横のつながりを持って、格闘技がメガコンテンツになっていったらいい」と、

ボクシングと格闘技との共存についての発言もあった。

また、今後の活動について「もう、戦わないですよ(笑)、もうさすがに。亀田興毅劇場終幕です。終わらせることができて、よかったです」

と穏やかな表情で話していた。

平成のボクシング界を盛り上げてきた亀田が、リングからの完全引退は寂しい気もする。

「すごく楽しかったですね。今日6月22日の亀田興毅が、できる全てのことを、出して終わることができました」

最後まで、やりきったと話してくれた。

画像

今後のボクシング界

亀田が今回の企画に参加したのには、理由がある。

世界戦のテレビ中継離れから、プロ選手の減少、ジムの経営難など、ボクシング界には課題が多い。

試合にも以前より、人が集まらなくなっている。

チャンピオンになっても無名で、仕事をしながら競技を続けている選手もいる。

一昔前に比べ、様々な娯楽が増え、人々の関心も多様化している。

だからこそ、時代に合わせた、やり方を模索していく必要がある。

今回の企画には賛否両論あったが、結果として大きな注目を集めた。

ボクシングを知ってもらうきっかけになった、このような新しい取り組みも必要だろう。

また、競技だけでなく、選手達の魅力を伝えていくことも大切だ。

日本のボクシング界には、WBSSトーナメントに出場している井上尚弥や、日本人初の4階級制覇をした井岡一翔、

無敗で3階級を制覇した田中恒成など、世界トップクラスの選手がいる。

そんな、選手たちを知ってもらい、業界全体が活性化して、もっと盛り上がっていってほしい。

選手が活躍できる未来を期待したい。

画像