鈴木愛、渋野日向子も到達できない? 申ジエの史上初“平均ストローク60台”達成は一体、何がスゴいのか

日本女子ツアーで史上初の平均ストローク60台を達成した申ジエ(写真:Nippon News/アフロ)

 今季の女子ゴルフツアーは鈴木愛の賞金女王で幕を閉じた。それに賞金女王争いを演じた渋野日向子が、最後まで女子ゴルフ人気を大いに盛り上げたのは確かだろう。

 だが、正直、もう少し称賛されてもいいし、もう少し大々的に報じられてもいいのではないか――と思う選手がいる。韓国の申ジエだ。

 それは今季の女子ツアーで史上初の平均ストローク60台を達成したからだ。正確な数字は「69.9399」で、日本女子ツアーでは前人未到の快挙。今後、この記録を更新する選手はなかなか現れないと言っても、決して大げさではないだろう。

 申ジエも最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップが始まる前、「年間平均ストロークは、日本ではまだ一人もいないので、自分の挑戦のテーマになりました」と意気込んでいた。

 最終的に賞金ランキングは3位に終わったが、大きな目標を達成したことには満足していたに違いない。

 これはどれだけ凄いことなのか。

 プロゴルフの世界において、平均ストロークは「実力のバロメーター」と言われる。簡単に言えば1ラウンド(18ホール)あたりの打数のことで、アマチュアならばゴルフのスコアは「100」を切れれば満足する人も多く、平均で「90」を切ることができれば、上級者ゴルファーだ。

 申ジエは3月から11月までほぼ毎週開催されるトーナメントで、今季27試合に出場し、こなしたラウンド数は「86」。

 プロのトーナメントはセッティングが難しく、天候にも恵まれないこともあり、その中で平均ストローク60台を達成したことは、毎試合、安定したプレーをし続けた証だ。

 ちなみに申ジエが新記録を達成するまで、年間平均ストローク1位の記録を持っていたのは、2016年のイ・ボミで「70.0922」。当時は2年連続賞金女王を達成したあとで、年間平均ストローク60台にも注目が集まっていたが、達成はならなかった。

 そもそも申ジエのこれまでの実績は突出しており、31歳になった今でも進化しているようにも見える。

 韓国ツアーで06年から3年連続賞金女王になり、通算20勝で永久シードの資格を得ている。

 09年には米ツアー賞金女王となり、10年には世界ランキング1位に輝いた。米ツアーは通算11勝で、メジャーの全英女子オープンは2度(08年、12年)も制覇した。

 日本ツアーにいたっては、通算22勝。しかも14年から今年まで、賞金ランキングは必ずトップ5入り(14年4位、15年3位、16年2位、17年5位、18年2位、19年3位)しているのだから、驚異的だ。

 日米韓の3カ国ツアーで賞金女王となった選手はまだいない。

 その資格を持つ申ジエは、「また来年もある」とこれからも日本でのプレーを楽しみにしている。