菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーvol.76

過去23年間にわたりスポーツ紙や通信社の在米通信員を務め、スポーツ報道の現場取材に携わってきた立場から、現在のスポーツメディアのあり方や、報道の裏に隠された真実について考察していく連載有料記事です。

この記事は有料です。
菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーのバックナンバー2021年4月サンプル記事

菊地慶剛

価格

550(記事3本)

2021年4月号の有料記事一覧

すべて見る

22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「何もないのは分かっていたけど緊張した」と不正投球確認を受けたダルビッシュ。回転数は軒並みダウン三尾圭6/23(水) 15:46
  2. 2
    メイウェザーの期待を背負い3階級制覇を目指す24戦全勝23KOのサウスポー林壮一6/24(木) 0:01
  3. 3
    大谷翔平、6回1失点9奪三振の好投で、伝説的存在の大投手ノーラン・ライアンに並ぶ!三尾圭6/24(木) 11:46
  4. 4
    東京五輪のラッキーボーイは誰? 「ポスト長友」の後継者が現れる可能性も元川悦子6/24(木) 8:00
  5. 5
    大谷翔平は好投も、最後は6点差の大敗。緊急時の捕手が起用され、投手が外野を守り、別の投手は代打出場宇根夏樹6/24(木) 12:41
  6. 6
    東京五輪の暴走に、何もしなかったメディアのことを忘れない森田浩之6/23(水) 11:15
  7. 7
    魔球使い、再び現る。33歳のナックルボーラーがメジャーリーグに初昇格。大谷翔平にも近々投げる!?宇根夏樹6/24(木) 6:45
  8. 8
    【F1】レッドブルお膝元での2連戦!フェルスタッペンは相性良し、ホンダPU初優勝の地へ辻野ヒロシ6/24(木) 12:41
  9. 9
    【ソフトバンク】千賀滉大、阪神二軍に3回途中84球降板の“苦投”も前向き「常にトライ&エラー」田尻耕太郎6/24(木) 7:15
  10. 10
    横山典弘が語った「ゴールドシップ初騎乗で史上初の宝塚記念連覇に導けた理由」とは?平松さとし6/23(水) 4:55