プレーオフ1回戦で豊田自動織機が証明したトップチャレンジリーグ上位チームの実力

NECに敗れたものの善戦が光った豊田自動織機の選手たち(筆者撮影)

【実力伯仲だったプレーオフ1回戦】

 トップリーグはシーズン後半戦に突入し、4月17日からプレーオフトーナメントがスタートした。ここからは試合に負けた時点で今シーズンは終了するため、まさに生き残りを懸けたサバイバルゲームの様相を呈している。

 1回戦は4試合が行われ、前半戦のリーグ戦で2つのカンファレンス(ホワイトとレッド)の下位2チームと、下部リーグのトップチャレンジリーグの上位4チームが激突している。

 結果はトップリーグ組が3勝しており、結果だけを見ると、トップリーグとトップチャレンジリーグ間にリーグ格差があるように感じるかもしれないが、両者の間にほとんど実力差はなく、どの試合もかなりの接戦だった。

 中でもトップチャレンジリーグ組で唯一勝利を飾った近鉄は、後半にレッドカードで選手1人が退場する劣勢に立たされながらも、宗像サニックスを下しているのだ。

 この事実からも、トップチャレンジリーグ組の実力が推し量れるだろう。

【まさに意地と意地のぶつかり合い】

 今回トップチャレンジリーグからプレーオフトーナメントに進出した4チームの内、前述の近鉄の他、豊田自動織機、コカ・コーラの3チームがトップリーグからの降格チームだ。またこの3チームは、昨シーズンのリーグ上位3チームでもあった。

 ところが昨シーズンはリーグ入れ替え戦が実施されなかったため、彼らはトップリーグに昇格するチャンスを得られなかったのだ。

 そうした経緯もあり、今回のプレーオフ1回戦は彼らにとって、リーグ入れ替え戦的な存在といえるものだった(来シーズンから新リーグに移行するため今シーズンも入れ替え戦は実施されない)。

 一方のトップリーグ組もリーグ戦では苦戦続きだったとはいえ、上部リーグで強豪チームと戦ってきたプライドがある。もちろんトップチャレンジリーグ組に負けるわけにはいかなかった。

 そんな意地と意地のぶつかり合いが、プレーオフトーナメント1回戦で繰り広げられたのだ。

 その典型的な試合になったのが、リーグ戦全敗でホワイトカンファレンス最下位に終わったNECと、トップチャレンジリーグで全勝を飾った豊田自動織機の対戦だったのではないだろうか。

【終了間際のPGでNECが1点差勝ち】

 強い雨が降りしきる中で行われた試合は、開始直後からNECが優勢に試合を進めた。

 前半8分にアレックス・グッド選手がペナルティゴールを決め先制すると、同14分にマリティノ・ネマニ選手がトライを決め、ゴールと合わせて10対0と主導権を握ることに成功した。

 だが中盤以降から豊田自動織機のフォワードが徐々に力を発揮し始めると、ブレイクダウンでNECを上回るようになり、試合展開は互角か、豊田自動織機がやや有利に傾いていった。

 そして前半27分にNECのゴールライン付近の攻防から、シオシファ リサラ選手がトライを奪うなどして、10対7とNECリードで前半を終えた。

 後半に入っても、両チームの意地のぶつかり合いが続く。

 まず後半3分にテレニ・セウ選手がトライを決め、ゴールと合わせて豊田自動織機が逆転に成功。ところが直後の同5分に今度は佐藤耀選手がトライを奪い、NECが再逆転するという、目まぐるしい展開になった。

 そこから同16分に大道勇喜選手がトライを奪い、再々逆転に成功した自動織機が、さらに連続加点し同30分の時点で24対15と9点差のリードを奪い、NECを引き離したかのように思われた。だがNECの反撃はまだ終わってはいなかった。

後半3分にトライを挙げる豊田自動織機(筆者撮影)
後半3分にトライを挙げる豊田自動織機(筆者撮影)

 同33分にベンハード・ヤンセ・ヴァン・レンスバーグ選手がトライを奪い、ゴールと合わせて2点差に迫ると、同40分にグッド選手がペナルティゴールを決め、終了間際に再々再逆転に成功。辛くも勝利をものにしている。

【新リーグ移行後も実力均衡しそうな各ディビジョン】

 試合後、あと一歩のところで勝利を逃した豊田自動織機の徳野洋一ヘッドコーチ(HC)は「力の差を感じなかった」とした上で、以下のように話している。

 「確かに前半15分のところはNECさんに上手くコントロールされたという印象はあります。

 ただそれ以外の時間においては、エリアのテリトリーの部分でコントロールできましたし、またディフェンスの部分、セットプレーにおいても優位に立てたということで、ゲーム80分トータルで見たら、我々の方がコントロールできたかなと思っています」

 徳野HCが説明するように、もしラグビーが試合内容で勝敗を決めるのならば、豊田自動織機が勝利できたような展開だったのは間違いない。それほど両チームの実力は拮抗していた。

 今シーズン初勝利を上げたNECの浅野良太HCも「トップリーグのチームとして絶対に勝たなきゃいけない試合だった」と話した上で、豊田自動織機の実力を評価している。

 「トップチャレンジ全体のことは僕の口からいえませんが、織機さんだけの話をすれば、やはり強いチームだし、タフなチームですね。

 今日我々が苦しめられた一番の要因は、セットプレーです。そこへのこだわりは凄く感じましたし、そこはトップリーグと同等程度の圧力を感じました」

 来シーズンからスタートする新リーグには25チームが参加し、最上位のディビジョン1が12チーム、ディビジョン2が7チーム、ディビジョン3に6地0六が振り分けられる予定だ。

 ディビジョン1とディビジョン2の19チームには、現在のトップリーグ16チームに加え、プレーオフトーナメントに参加してトップチャレンジリーグ上位4チームで占められることになりそうだ。

 今回のプレーオフ1回戦を見る限り、ディビジョン2に回る7チームも、かなり実力均衡の面白いリーグになっていきそうだ。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    本塁打王を獲得したシーズンに登板した選手は、ルース以外にもいるのか。大谷は現在1位タイの12本塁打宇根夏樹5/17(月) 14:40
  2. 2
    エンジェルスと食い違い?!ドジャース入りしたアルバート・プホルスが語った偽りない思い菊地慶剛5/18(火) 12:03
  3. 3
    NFLの二刀流スーパースターJJ・ワットが「大谷が野球界で成し遂げていることはヤバい」とべた褒め三尾圭5/18(火) 15:46
  4. 4
    「サッカー人生が終わったわけではない」北朝鮮代表JリーガーがW杯アジア予選不参加の胸中を初激白!金明昱5/18(火) 7:05
  5. 5
    【F1】2年ぶりのモナコGP。ホンダはアイルトン・セナ以来29年ぶりの優勝を狙う!辻野ヒロシ5/18(火) 11:40
  6. 6
    オークスは同オーナーの紅白対決第2ラウンドになるのか⁈ 両陣営に話を聞いた平松さとし5/18(火) 4:55
  7. 7
    3年半も戦わずに「世界ヘビー級王者」として生き残り続けた波乱万丈の半生三浦勝夫5/18(火) 11:35
  8. 8
    史上最強の支援税制で群馬県太田市に新アリーナ! わずか1割の負担でバスケの聖地に⁉大島和人5/18(火) 7:00
  9. 9
    なぜネイマールは”嫌われ者”になるのか...バルサで「裏切り者」扱いされた男のパリでの野望森田泰史5/18(火) 7:30
  10. 10
    激戦必至の近畿大会!  大阪桐蔭や智弁学園など出場森本栄浩5/17(月) 21:57