田澤問題はまだ終わっていない! 今も残り続ける日米間に横たわる選手処遇不均衡

田澤純一投手はレッドソック入りして時点でプロ選手として扱われるべきはずだ(写真:ロイター/アフロ)

【今やオワコンになった感がある田澤問題】

 ソフトバンクの日本シリーズ4連覇達成で、新型コロナウイルスにより異例ずくめだった2020年シーズンが幕を閉じた。これでNPBも本格的なオフシーズンに突入することになった。

 まずは日本ハムからMLB挑戦が容認された有原航平投手、西川遥輝選手に続き、海外FA権を取得している澤村拓一投手、さらに将来的なMLB挑戦をチームに伝えていると言われる巨人の菅野智之投手、ソフトバンクの千賀滉大投手らの動向に注目が集まるところだ。

 そうした人気選手の去就が注目される一方で、NPBで起こった様々な現象を検証し、対処していくのもオフシーズンの重要な活用法だと考えている。その上で田澤問題は、やはり避けて通れないトピックではないだろうか。

 多分世間的には、NPBが「田澤ルール」の撤廃を決め、BC埼玉入りしていた田澤純一投手が今年のドラフト対象選手になり、最終的に指名を受けなかった時点で、この一件はオワコンになっている感がある。

 だがそれは大きな間違いだ。根本的な問題を解決されずに、ただ先送りされただけに過ぎない。

【いつの間にかすり替わってしまった論点】

 そもそも田澤ルールが撤廃された時点で争点になっていたのは、MLB在籍9年の実績を誇り、れっきとした“プロ選手”である34歳の田澤投手が、なぜドラフト指名をうけないとNPB入りできないのか、だったはずだ。この点については上原浩治氏など球界関係者からも、疑問の声が挙がっていた。

 ところがいざドラフト当日を迎え、結果的にドラフト指名を受けなったことが決まると、ネット上で展開された大論争は、「現在の田澤投手がNPBで通用する投手かどうか」に変わっていた。明らかな論点のすり替えだった。

 現在の田澤投手がNPBで活躍できるかを論じるのは、時間の無駄遣いでしかない。結局のところ彼が実際にNPBの公式戦で投げないことには、その答えが出るはずがない。むしろなぜベテランのプロ選手に、その機会が与えられないのかを疑問視するべきだ。

【MLBのドラフトはあくまでアマチュア選手が対象】

 つまり田澤ルールを撤廃しただけは、何の解決にもなっていないということだ。逆にルール撤廃で、今後第2、第3の田澤投手が現れることになるかもしれないのだ。それを想定して、ドラフト制度そのものを見直すべき時が来ているのではなかろうか。

 簡単な話としてMLBが6月に実施しているドラフトは、あくまでその対象は「高校、大学やその他のアマチュアの野球チームに所属している選手」であって、プロ入りした選手は含まれていない。

 端的な例を挙げよう。今年はツインズで前田健太投手とともにチーム最多の6勝を記録したランディ・ドブナック投手は、大学卒業時にドラフト指名を受けることなく、知人のつてを頼り独立リーグ入り。わずか数ヶ月後にプロ選手として、ツインズとマイナー契約を結んでいる。

 このルールに則れば、日本で独立リーグに所属している選手たちがドラフト対象になっていること自体も、違和感を抱いてしまう。

 今年のシーズン途中で、歳内宏明投手が四国アイランドリーグからヤクルト入りしている。彼の場合は元NBP選手としてシーズン途中でもNPB入りできたわけだが、同じグラウンドで戦っている他の選手たちはドラフト指名を待たなければいけないというのは、かなり無理筋としか思えない。

【ソフトバンクのスチュワート投手はNPBルールが適用】

 海外リーグに渡った米国人選手についても考えてみよう。

 昨年5月にソフトバンク入りしたカーター・スチュワート・ジュニア投手は、前年にMLBでドラフト1巡目指名された後、その年もドラフト対象選手でありながら、ドラフト前にNPB入りを選択した選手だ。まさに田澤投手の逆バージョンということになる。

昨年ソフトバンク入りしたスチュワート投手も米国ではNPB支配下のプロ選手として扱われている(筆者撮影)
昨年ソフトバンク入りしたスチュワート投手も米国ではNPB支配下のプロ選手として扱われている(筆者撮影)

 カーター投手のソフトバンク入りが決まったことで、今後の彼の待遇についてMLB機構に確認したところ、NPB入りした時点でNPB支配下選手として扱われるとの回答だった。つまりカーター投手が今後MLB入りするには、NPBで海外FA権を取得するか、ポスティング・システムを利用するか、自由契約されるかの選択肢しかないということだった。

 裏を返せばMLBは、ドラフト指名を受けず海外リーグ入りした選手でも、きちんとプロ選手として認識しているということだ。ならば日米間の選手処遇を均衡にするためにも、NPBもドラフトを経ずに海外リーグ入りした選手に対し、同様の扱いをすべきはずだ。

【25歳以上&6年以上在籍でFA選手扱い】

 さらにMLBには、海外プロ選手との契約でも明確な規定が存在している。

 海外プロリーグに在籍する選手を獲得する場合、年齢が25歳以上で在籍期間が6年以上の選手はプロ選手として認められ、制限なく契約交渉できる一方で、この条件を満たさない選手は「国際アマチュアFA選手」の扱いを受け、契約金に上限を設けられ、しかもマイナー契約しか提示できない。

 2018年にエンジェルス入りした大谷翔平選手がこの規定にかかり、マイナー契約しか結べなかったのは記憶に新しいところだろう。

 この規定をNPBでも適用するのならば、当然のごとく田澤投手は正真正銘のFA選手であり、ドラフトを経ずともどのチームとも契約できているわけだ。

 やはりどう考えてもNPB内での田澤投手の処遇は、疑問しか残らない。繰り返すが、第2、第3の田澤投手が現れる前に、きちんと対応していくべきだ。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    バスケ新全国大会で輝いた街クラブ 期待以上の実力と想像を絶するやりくり大島和人1/18(月) 7:20
  2. 2
    ようやくケガが癒えた昨季チャンピオンのベテランポイントガード林壮一1/18(月) 0:01
  3. 3
    ある卓球ストーカーの全日本卓球 弁護士への道も公務員の職も捨てて・・・伊藤条太1/11(月) 15:26
  4. 4
    ラグビー「公立校の星」御所実業・竹田寛行監督 教員生活最後の花園で残した言葉斉藤健仁1/18(月) 14:59
  5. 5
    大学ラグビー ルーキーだけで個人的「ベスト15」を選出! 新人賞は早稲田大FL村田斉藤健仁1/17(日) 17:12
  6. 6
    開幕は医療関係者の理解もー延期のラグビー・トップリーグ松瀬学1/18(月) 7:00
  7. 7
    ジョシュアvsフューリー「ヘビー級頂上決戦」が実現か。待ったをかける者たちの思惑とは三浦勝夫1/18(月) 12:34
  8. 8
    冨安健洋が11人いたらボローニャの勝率アップ? 伊記者が絶賛「近年最高の補強」中村大晃1/18(月) 12:38
  9. 9
    たった1度の一言でスポンサー契約解消。世界3位、J・トーマスの失敗と社会背景、彼の今後を考える舩越園子1/16(土) 18:24
  10. 10
    「なぜ笑う?」Cロナウドが神対応した少年が高校サッカーで優勝し、誓った恩返し安藤隆人1/13(水) 17:08