菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーvol.50

過去23年間にわたりスポーツ紙や通信社の在米通信員を務め、スポーツ報道の現場取材に携わってきた立場から、現在のスポーツメディアのあり方や、報道の裏に隠された真実について考察していく連載有料記事です。

この記事は有料です。
菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーのバックナンバー2020年10月サンプル記事

菊地慶剛

価格

550(記事7本)

2020年10月号の有料記事一覧

すべて見る

22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    宣言したら裏切者…はおかしい! プロ野球のFAに「宣言」は必要なのか?上原浩治12/3(木) 11:11
  2. 2
    3冠馬3頭が激突したJCのレース直後、ルメールがスタンドを見上げた理由とは……平松さとし12/3(木) 5:00
  3. 3
    各球団トップの投手たち。パ3球団の「最多勝」は一桁。規定投球回未満ながら目を惹くのは…宇根夏樹12/3(木) 7:00
  4. 4
    プロ多数輩出の興国高校サッカー部、「J2狙い」の理由と背景平野貴也1/30(木) 7:00
  5. 5
    TATTOOを好むボクサーたち林壮一12/3(木) 0:01
  6. 6
    コロナ禍の中、来日してくれた白い馬の陣営に、今回のジャパンCについて伺った平松さとし12/2(水) 5:00
  7. 7
    もし左利きの久保建英が移籍していたら――。リーガ首位を走るレアル・ソシエダ、伝統の厚み小宮良之12/3(木) 11:30
  8. 8
    レアルがC・ロナウドの代役に投じた「384億円」の行方と、ジダンに思い出の地で突き付けられた現実。森田泰史12/3(木) 7:30
  9. 9
    ”アタッキングフットボール”でアジア王者を目指す横浜F・マリノスは悪化するピッチにどう挑んでいくか。河治良幸12/3(木) 10:53
  10. 10
    B1初昇格の信州ブレイブウォリアーズが今シーズンの台風の目になりそうな確かな予感菊地慶剛12/3(木) 15:36