7月8日に活動再開を控えたMLSで計24名が新型コロナに感染! 他リーグへの影響は?

マスクを着用しながら個人練習を再開していたMLSの選手(提供:MLS/USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【活動再開を目前に控えたMLSが24名の感染を発表】

 7月8日からの活動再開を目指している米国のプロサッカーリーグ、メジャーリーグ・サッカー(以下MLS)が現地時間の6月28日、現時点で24名(選手18名、スタッフ6名)の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを発表した。同リーグの公式サイトが伝えている。

 とりあえずMLSは今後もスケジュール通りの再開を目指していく方向で、同じく7月から活動再開を目指しているMLBやNBAなど他リーグの試金石になっていきそうだ。

【今月4日からチーム練習を再開】

 MLSでは7月8日からの活動再開が決まった時点で、6月4日から各チームの練習再開を許可していた。

 それに伴い、練習再開の72時間前から選手に2度のPCR検査を義務づけ、練習再開後も2日おきにPCA検査を実施してきた。そうして検査を続けていく中で、選手だけで668選手の検査を行った結果、28日時点でスタッフを含め計24名の感染者を確認したというわけだ。

 またMLSの発表によると、現在では全26チーム中25チームが通常のチーム練習を実施していたという。

 感染者は隔離措置がとられ、日々オンラインで医師の診断を受けており、医師からの許可が出るまでチームに合流することができない。

 残念ながらMLSの発表では、どのチームで感染者が確認されたのか、また感染時期がいつなのかが明らかにされていない。現在米国の南部地域で感染が拡大し始めスポーツ界でも不安が広がっているが、残念ながらMLS内の感染傾向を確認することはできない。

【NBAと同じWDWでトーナメメント大会を実施】

 だが本当の意味でMLSが試練を迎えるのは、これからだといっていい。

 というのもMLSは中断したシーズンを再開するのではなく、まずウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)内の施設を利用し、約1ヶ月間のトーナメント大会「MLS is BACK Tournament」を実施することになっている。

 現在はチームごとに分かれて各施設で練習を行っていたが、まず全26チームが期限内に、感染が拡大しているフロリダ州に移動しなければならないのだ。これから更なる感染予防が必要になってくる。

【選手2人がフロリダ州到着後に陽性反応】

 MLSではフロリダ州移動の72時間前から再び2度のPCR検査を実施し、到着後も全員が即座に新たなPCR検査を実施することが義務づけられ、検査結果が出るまで隔離措置がとられることになっている。

 すでにチームによってはフロリダ州に移動しており、現時点で選手、スタッフ、コーチなど合わせ329人を検査したところ、到着後に選手2人の感染が確認されているという(これも上記の感染者18人に含まれているようだ)。もちろんチームの選手たちは同じ飛行機で移動してきたわけだから、今後チーム内に感染が広がる可能性もあり、予断を許さない状況だ。

 またMLSとしては、6月30日以降から毎日リーグ内の感染状況を発表していくことを明らかにしている。

 同じくWDWで7月30日からシーズン再開を目指しているNBAとしては、今後のMLSの動向に目を光らせているはずだ。

 まずはMLSが無事に活動再開できるのかを見守っていくしかない。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。