トランプ大統領も復帰を歓迎? チャージャーズHCがキャパニック獲得に興味を示す

4年ぶりのNFL復帰がさらに現実味を帯びてきたコリン・キャパニック選手(写真:ロイター/アフロ)

【チャージャーズHCが獲得に興味を示す】

 今も米国内で人種差別に対する根強い抗議活動が続く中、今や一般の人々の間でも片膝をつく行為が象徴的なポーズになっている。そして2016年に人種差別に抗議するため膝つき行為を最初に始めた、コリン・キャパニック選手のNFL復帰がいよいよ現実味を帯びてきた。

 ESPNが報じたところでは、チャージャーズのアンソニー・リンHCが、以下のようにキャパニック選手について言及している。

 「現時点でチャージャーズがコリンを練習に参加させるというプランはない。だが彼を練習参加リストに加えないというのはクレージーなことだろう。

 コリンとまだ話をしていないので、彼がどういうコンディションなのか、何をしたいと考えているのかを把握していない。だがコリンは間違いなく、我々が採用しているシステムに合致するタイプのクォーターバックだ。

 (現在在籍している)3人のクォーターバックを信頼しているし、満足しているが、待機している選手が増えても多すぎるということはない」

 つい先日本欄でも、2017年にキャパニック選手の獲得に動いたシーホークスのピート・キャロルHCが、彼の獲得調査に乗り出したチームから連絡を受けたことを明らかにしたことを報告している。

 もちろんチャージャーズがキャロルHCに連絡したチームだったかは定かでないが、NFL内にキャパニック選手獲得に興味を抱いているチームが存在していることが確認できたのは大きい。

【トランプ大統領も復帰を歓迎?】

 現地時間の6月15日に、ESPNの特番に出演したロジャー・グッデル・コミッショナーがキャパニック選手に言及し、彼のNFL復帰を歓迎するとともに、彼がどこかのチームと契約できるのを促していくことを明らかにしていた。

 さらに今度はドナルド・トランプ大統領が会見上でキャパニック選手に聞かれ、彼のNFL復帰を歓迎する発言をしている。

 「彼が(NFL復帰に)相応しいのなら、そうなるべきだ。もし彼がその能力を有しているのならだが。彼は素晴らしいかたちでキャリアをスタートしたが、選手として決していい終わり方をしていない。彼のプロ1年目は素晴らしいものだったし、自分は2年目も良かったと思っているが、何かが起こってしまったようだ。彼のプレーは万全ではなかったのではないか。

 自分の答えは…。片膝をつく行為に関しては…。彼がまたチャンスを得られることを楽しみにしている。ただ彼がしっかりプレーできなければならない。そうでなければ逆にフェアではないと思う」

 発言の中にも少し匂わせているが、トランプ大統領といえば、キャパニック選手がグラウンドから姿を消した後の2017年に、彼の意思を引き継ぎ国歌斉唱時に片膝をつくNFL選手たちとそれを許容しているリーグを徹底的に批難し、最終的にスポーツ界を相手に大論争を繰り広げた人物だ。

 今も公には国歌斉唱時に片膝をつく行為は、国旗、国歌に対する侮辱だとの考えを明らかにしており、同じ会見の場でも、選手の膝つき行為を許容しているNFLとUSサッカーに対し「失望している」と発言している。キャパニック選手はその大元ともいえる人物になるわけだが、それでもトランプ大統領は彼のNFL復帰を好意的に捉えているようだ。

 最終的にキャパニック選手は、どのチームのユニフォームに袖を通すことになるのだろうか。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    バンタム級最強を目指すWBO2位マロニーに直撃「井上尚弥に勝てると信じています」杉浦大介7/1(水) 9:01
  2. 2
    [高校野球]名将にも、駆け出しの時代があった/龍谷大平安・原田英彦監督の場合楊順行7/1(水) 0:01
  3. 3
    ウィーラーは「ヤンキースと読売」でプレーした何人目? トマソン、ガリクソン、松井秀喜、マギー…宇根夏樹7/1(水) 15:33
  4. 4
    「王貞治二世」がプロバスケの経営者に 積極投資でB1昇格を目指す群馬大島和人7/1(水) 16:27
  5. 5
    【川上哲治と落合博満の超打撃論その1】「ボールが止まって見えた」の真実横尾弘一7/1(水) 12:00
  6. 6
    インザーギ弟とともに、インザーギ兄を超えたインモービレ…伝説を追う夢は続く中村大晃7/1(水) 18:02
  7. 7
    MLB2020年シーズンの注目点! 濡れた布の携行許可で投手の投球が変わる?菊地慶剛7/1(水) 12:40
  8. 8
    38歳の李大浩、延長11回に決勝2ラン 今季初の2発5打点<韓国KBOリーグ>室井昌也6/30(火) 23:27
  9. 9
    優勝を逃しても優勝リングはゲット◆42歳のランニング本塁打◆奪三振ゼロの完封…【7月1日のMLB】宇根夏樹7/1(水) 6:30
  10. 10
    シーズン最初のホームランが出ていない選手。前年30本塁打以上の14人のなかにも…宇根夏樹6/30(火) 13:04