人種差別抗議活動の象徴的アスリートが4年ぶりにNFL復帰か?

4年ぶりにNFL復帰する可能性が出てきたコリン・キャパニック選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【シーホークスHCが明らかにした事実】

 ミネソタ州で起こった白人警察官による黒人男性暴行死事件に端を発し、今や米国中で人種差別に対する抗議活動が展開される中、抗議活動の象徴的存在になっているアスリートが表舞台に戻ってくるかもしれない。

 2016年に人種差別に抗議するため、国歌斉唱時に片膝をつく行為を始めたコリン・キャパニック選手が、4年ぶりにNFLに復帰する可能性が出てきた。

 NBCスポーツ・ノースウェストのジョー・ファン記者によれば、シーホークスのピート・キャロルHCが、別のチームからキャパニック選手について事情を確認する電話があったことを明らかにし、「(獲得の)興味を持っているチームが存在する」と話した。

【2016年を最後にNFLの舞台から姿を消す】

 キャパニック選手は2011年のドラフトでフォーティナイナーズから2巡目指名を受け、同チームに入団。2012年シーズン途中から先発QBに抜擢され、膝つき行為を始めた2016年シーズンまでフォーティナイナーズの主力として活躍してきたが、それを最後にNFLの舞台から遠ざかっている。

 ただシーホークスが2017年に彼の獲得に動き出し彼と直接面談を行ったが、結局チーム事情から獲得は見送られていた。そうした状況があったことから、獲得調査に乗り出したチームから現状確認のため、キャロルHCの元に連絡があった模様だ。

 まだ32歳のキャパニック選手自身もメディアの取材などで、今もNFL復帰したいという意欲を示しており、4年ぶりのNFL復帰に支障はなさそうだ。

 そこで気になるのが、キャロルHCに連絡してきたのがどのチームなのかだが、当然のごとく同HCはチーム名を明かしていない。だがこうした連絡を受け取ったのは初めてのことだと説明しており、それだけ当該チームがキャパニック選手獲得に熱心だと捉えていいのではないか。

【時流もNFL復帰の追い風に?】

 キャパニック選手がNFLのグラウンドからいなくなってからも、彼の意思は他の選手に引き継がれ膝つき行為がリーグ内に広がっていった。

 こうした現象に対し、国旗、国歌への侮辱だとしドナルド・トランプ大統領が選手とNFLを徹底的に批難し始め、一時は大統領とNFLを中心とするスポーツ界の間で一大論争にまで発展した。

 そして今年に入り前述のような不幸な事件が起き、人種差別の抗議活動は社会全体に拡大することになった。そうした中で抗議活動を取り締まる警察が、抗議活動の参加者を尊重し、対話を求める手段として膝つき行為を導入するようになり、現在ではキャパニック選手は抗議活動の象徴的存在になっているといっていい。

 さらにNFLのロジャー・グッデル・コミッショナーが声明を発表し、過去に選手の声に耳を傾けなかったことが間違いだったと宣言しており、時流は明らかにキャパニック選手のNFL復帰の追い風になっている。

 今も個人で人種差別の啓蒙活動を続けているキャパニック選手。再び彼の姿をグラウンドで見ることができるのだろか。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    1000三振以上を喫した打者の「三振率ランキング」。今季到達した中田翔と丸佳浩は何位?宇根夏樹7/7(火) 7:00
  2. 2
    エクリプスS詳報とディアドラのマーフィー騎手が語る敗因とは……平松さとし7/7(火) 6:30
  3. 3
    メッシ、スアレス、グリーズマンの共存は?バルサの優勝に向けたセティエンの秘策。森田泰史7/7(火) 7:32
  4. 4
    おじいちゃんの手作りバッティングセンターで育った少年 20歳でBC信濃入りし奮闘中室井昌也7/7(火) 7:36
  5. 5
    大谷翔平の復帰登板は、相手も球場も2年前のデビューと同じ!? 日本人打者との対戦予定はなし宇根夏樹7/7(火) 15:09
  6. 6
    サッカーと怒り。メッシとイ・ガンインの違い小宮良之7/3(金) 12:00
  7. 7
    人種差別によるチーム名変更に疑義を呈する米大統領と的確な現状認識を示したインディアンズ監督菊地慶剛7/7(火) 18:58
  8. 8
    3チームが練習中止に追い込まれたMLBの不手際にクリス・ブライアントが漏らした本音菊地慶剛7/7(火) 11:25
  9. 9
    堅実補強でなでしこリーグ2部優勝を狙うスフィーダ世田谷FC。昇降格がなくても順位にこだわる理由とは?松原渓7/7(火) 8:00
  10. 10
    今宮健太とは対照的に「犠打の少ない選手」たち。7000打席以上でゼロも宇根夏樹7/6(月) 12:05