ありそうでなかった127年間で初めての記録! アストロズ投手が2試合連続で14奪三振を達成

2日のブルワーズ戦で14奪三振の好投を演じたゲリット・コール投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【127年間で初の出来事】

 現在奪三振数でMLBトップを走る、アストロズのゲリット・コール投手が2日のブルワーズ戦に先発し、勝敗はつかなかったものの6回を投げ3安打1失点14奪三振の好投を演じた。実はこれが、とんでもない記録を生み出していた。

 前日に同僚のジャスティン・バーランダー投手が、ブルージェイズ戦で自身3度目のノーヒットノーランを達成するとともに、14奪三振を記録していた。2試合連続で同じチームの投手が14奪三振以上を記録したのは、マウンドの距離が現在のかたちになった1893年以来初めてのことらしい。

 この127年間で初の快挙を、MLBの記録情報を扱う『MLB Stats』も以下のようなツイートを投稿している。

【奪三振数でMLBの1位&2位コンビ】

 コール投手とバーランダー投手はチームメイトでありながら、奪三振タイトルを争う強力なライバル同士でもある。

 この日の14奪三振を加え、今シーズンの奪三振数を266に伸ばしたコール投手に対し、バーランダー投手は9差の257で追走。まったく予断を許さない状況だ。

 残り試合を考えると、ローテーション通りにいけば両投手ともあと4試合に登板することになり、2人ともにシーズン300奪三振の大台に乗せる可能性も十分になる。

 今回の記録達成は、これだけの強力コンビが揃ったからこそ達成された快挙といえる。

【過去にも存在した絶対的なコンビ】

 確かにコール投手とバーランダー投手は強力コンビではあるが、過去にも彼らに匹敵するようなコンビは存在していた。それだけに今回の記録は、逆に今まで達成されていなかったことに不思議さを感じてしまう部分もある。

 その代表的なコンビが、ダイヤモンドバックスに所属していたランディ・ジョンソン投手とカート・シリング投手だ。ジョンソン投手は奪三振タイトルを9回獲得し、通算奪三振数でノーラン・ライアン投手に次ぐ4875を記録しているMLB屈指の奪三振マシーンだ。

 一方のシリング投手はジョンソン投手にやや劣るとはいえ、奪三振タイトルを2回獲得し、通算奪三振数でも3116で15位にランクする強者だ。この2人が、2000年シーズン途中にシリング投手がダイヤモンドバックスにトレードされ、2004年にレッドソックスに移籍するまでの3年半の間、コンビを組んでいたのだ。

【2002年は2人同時に年間300奪三振を達成】

 そして2001、2002年には、現在のコール投手とバーランダー投手のように、2人が激しく奪三振タイトルを争うことになった。

 結果は、2001年が372奪三振を記録したジョンソン投手がタイトルを獲得し、シリング投手が293奪三振でMLB2位。続く2002年も、334奪三振を記録したジョンソン投手がタイトルを獲得し、316奪三振のシリング投手が2位に甘んじている。とはいえ、2年連続でチームメイトの2人が、奪三振数の1、2位を独占しているのだ。

 しかも両シーズンのスケジュールをチェックしてみると、チームの先発二本柱だった2人が連続して登板する機会が相当に多かった。そんな状況で投げ続けていた彼らが、一度も2人続けて14奪三振以上を記録することができなかったというわけだ。

 とりあえず127年間ありそうでなかった初めての記録が達成されたことで、またかつてのジョンソン投手とシリング投手の功績を調べる機会を得た。果たしてコール投手とバーランダー投手のコンビは、彼らにどこまで近づくことができるのだろうか。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    イ・ボミのインスタにもパシャリ!米国で話題の18歳美女、ノ・イエリミが日本ツアー初参戦。どんな選手? 金明昱9/20(金) 7:00
  2. 2
    ソフトバンク2軍がウエスタン優勝!雨天中止決定の珍事のワケとは? 田尻耕太郎9/20(金) 13:40
  3. 3
    三ツ沢にマツ魂を響かせる中村俊輔と松井大輔の新相棒。 二宮寿朗9/20(金) 13:30
  4. 4
    「あの美女は誰?」女子バレーボール韓国代表の双子姉妹は何者か 慎武宏9/19(木) 7:07
  5. 5
    レアル・マドリーで解決策を探すジダン。負傷者続出に、中盤の人材不足という課題。 森田泰史9/20(金) 6:12
  6. 6
    W杯開幕! この4年間で8強経験国に2勝9敗1分けのジャパンは「ベスト8」に到達できるのか? 永田洋光9/20(金) 9:37
  7. 7
    【カワジうぉっち特別企画】「みんなで選ぶE-1日本代表」メンバー発表 河治良幸9/20(金) 12:47
  8. 8
    武術・格闘技版オリンピックで日本勢がメダルを量産したのは意外なあの競技 藤村幸代9/20(金) 8:55
  9. 9
    今季はナポリがアヤックスに? 王者撃破でCL躍進に期待、25年前は優勝の前例も 中村大晃9/20(金) 7:11
  10. 10
    新キャプテンに指名されたチーム最年長37歳のアイラ・ブラウンが大阪エヴェッサの意識改革に挑む 菊地慶剛9/20(金) 15:46