NBAドラフト1巡目指名率は77.8%! 八村塁が選出確実なエリートクラスの実力度は?

全米バスケットボール記者協会から大学男子“ベスト5”に選出された八村塁選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

【八村塁が全米バスケットボール記者協会選出のベスト5入り!】

 八村塁選手が現地18日、全米バスケットボール記者協会(USBWA)が選出する大学男子部門の今シーズンの優秀選手に選出された。同組織では5人1チームで、ファーストチーム、セカンドチーム、サードチームの3チームを選出しているが、八村選手が最も高い評価を受けるファーストチーム、日本流に表現すれば“ベスト5”に選ばれたのだ。

【NCAA選出の“統一”全米チーム入りもほぼ確実!】

 米国ではUSBWAの他に、AP通信、スポーティングニュース、全国バスケットボールコーチ協会(NABC)の3組織が同様に優秀選手を選出し、最終的に4組織の選出結果を元に全米大学体育協会(NCAA)が“Consensus(統一)”の全米チーム(All American Team)を選定することになる。

 ちなみに八村選手はスポーティングニュースでもすでにファーストチームに選出されており、また残り2つの組織でもファーストチームに選ばれる公算が強く、NCAAの全米チームでもファーストチーム入りはほぼ確実視されている。まさにそれはNCAAディビジョン1に所属する全国32カンファレンス、351校のベスト5ともいえる存在で、今シーズンの大学バスケ界の“エリートクラス”に仲間入りしたといえるものだ。

【過去10年間でNBAドラフト指名率は何と95.7%】

 これまで過去10年間でNCAAの統一全米チームのファーストチームに選ばれた選手たちの動向をチェックしてみると、やはりエリートと呼ぶに相応しい選手ばかりだ。全47選手(1人が3年連続選出でもう1人が2年連続選出)中45選手がNBAドラフトで指名を受けている。その指名率は実に95.7%に達している。

 さらにドラフト指名を受けた45選手の内、35選手が1巡目指名を受けており、1巡目指名率も77.8%に上る。NBAでドラフト1巡目指名選手ともなれば、プロ1年目から主力選手として開幕ロースター入りがほぼ約束され、中には即先発選手としての期待もかかる存在もいる。まさに即戦力ばかりが揃っているのだ。

 ちなみに現在のNBAで確固たるスター選手の地位を築き上げてるステフィン・カリー選手、ジェームス・ハーデン選手、デマーカス・カズンズ選手、ブレイク・グリフィン選手、アンソニー・デイビス選手らも統一全米チームのファーストチームに名を連ねてきた選手たちだ。

すでにNBA入りの準備は万全!?あとは八村の決断次第

 つまり現在の八村選手は、すでにNBAからドラフト1巡目指名を受けてもおかしくない実力に達し、プロ1年目から主力選手の1人として活躍することが期待される存在になっているということだ。

 ただ八村選手はまだ大学3年生であり、通常ならばもう1年大学生活を残している。彼が今年6月に実施されるNBAドラフトの対象選手になるには、現在出場している全米大学選手権(いわゆる「NCAAトーナメント」)後のシーズンが終了した時点でプロ入り宣言をしなければならない。

 最終的にはゴンザガ大のマーク・ヒューHCや家族と話し合って、八村選手自身が進路について決断を下すことになるが、来月にはその去就が明確になっているはずだ。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛の“本音”取材レポートサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    まさかの一撃で試合終了 無敗のクロフォードがカーンに圧勝 木村悠4/21(日) 21:51
  2. 2
    松井秀喜の退団後、ヤンキース9人目の背番号「55」。次の10人目が現れるのはしばらく先!? 宇根夏樹4/21(日) 0:01
  3. 3
    階級の壁を越えられるか!日本復帰の井岡一翔の挑戦 木村悠4/21(日) 10:00
  4. 4
    【新体操】柴山瑠莉子が暫定首位に! 高校生の山田愛乃が2位につける~新体操日本代表選考会 椎名桂子4/21(日) 6:29
  5. 5
    サムスンの新助っ投 初勝利でノーヒットノーラン達成!史上14人目<韓国KBOリーグ> 室井昌也4/21(日) 17:34
  6. 6
    群雄割拠のスーパーフライ級。井岡一翔が再び王道を闊歩する日 三浦勝夫4/20(土) 13:16
  7. 7
    【新体操】「ボール×5」で東京女子体育大学が暫定首位!~ユニバーシアード代表選考会 椎名桂子4/21(日) 5:30
  8. 8
    DeNAのスペンサー・パットンの問題提起ツイートをNPBはどう受け取るのか? 菊地慶剛4/20(土) 11:44
  9. 9
    日本では「セクシー」ばかりが強調されるアン・シネの意外なもうひとつの“顔”とは? 慎武宏2018/6/14(木) 7:11
  10. 10
    グアルディオラの下で崩された序列。偽センターバックは新たな処方箋になり得るか。 森田泰史4/20(土) 16:02