バットもグローブも使わない! 生駒市で実施された野球少年向けのユニークな講習会の目的は?

奈良県内の中高野球部員151名を集めて実施された講習会(筆者撮影)

生駒市体育協会が野球少年向け講習会を実施

 昨年12月に奈良県生駒市内で野球少年を対象に、興味深い講習会が実施された。

 この講習会は生駒市体育協会が主催するもので、4回目を向かえる今年は奈良県内の中学・高校野球部に在籍する151名が参加した。

 野球少年を集めての講習会ということで、野球選手としての育成を目指したものであることは理解できるだろう。だが約4時間の講習はバット、グローブ、ボールは一切使うことはなかった。その真の目的は、野球少年を野球障害や負傷から守るため正しい身体の使い方を指導するというもので、生駒市体育協会が取り組む障害予防・育成プロジェクトと呼べるものだ。

指導者は志をもった各分野の治療専門家の団体

 指導に当たったのは治療家の集まりである『キネティック・フォーラム』に所属する人たちだ。この団体は柔整師、鍼灸師、トレーナー、理学療法士等々、医療、治療分野で活躍する人たちの集まりで、彼らは普段もそれぞれのフィールドでアスリート達の治療に従事している。そうした専門家たちがフォーラムを通して意見交換を行いながら、日々障害予防に取り組んでいる。

講習会の様子(筆者撮影)
講習会の様子(筆者撮影)
講習会の様子(筆者撮影)
講習会の様子(筆者撮影)
講習会の様子(筆者撮影)
講習会の様子(筆者撮影)
講習会の様子(筆者撮影)
講習会の様子(筆者撮影)

 簡単に指導メニューを説明すると、野球少年たちに野球障害のリスクを減らす投げ方、走り方、打ち方の動作、姿勢を体得させようとするもので、三点倒立、ブリッジ、側転、前転などを行いながら基本動作を学ばせることを目的にしている。メニューはすべて体育の授業で行うような簡単な動きなので、参加学生たちは遊び感覚でメニューを消化していた。(掲載写真を参照)

 今回はあくまで野球少年だけを集めた講習会だったが、実は生駒市体育協会はキネテッィク・フォーラムと協力しながら、定期的に学校単位にキネティック・フォーラムのメンバーを派遣し、他競技の学生たちの指導にも取り組んでいるという。その甲斐あってこうした取り組みを実施してから以降は、学生たちのケガが着実に減少傾向にあるという。

全国の中高指導現場で求められるべき障害予防の意識

 現在の学生スポーツの指導現場は、決して理想的だといえるものではない。競技に力を入れている私立校ならある程度の予算を割いて指導環境を整えているケースもあるが、それでも障害予防という面ではなかなか専門家が現場介入できない状況だ。ましてや技術指導ですらあまり専門的知識がない教師たちが指導せざるを得ない公立校では尚更だ。

 本来なら学生アスリートの障害予防は技術指導よりも重要視される部分であるはずだが、まだ日本では軽視されている傾向にある。生駒市体育協会の取り組みが一石を投じ、全国的に広がっていくことを願うばかりだ。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛の“本音”取材レポートサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    200年に一人の天才ボクサーが語る「井上尚弥の底知れない強さ」 林壮一5/20(月) 0:20
  2. 2
    巨人・上原浩治投手の引退に寄せて。日米通算トリプル100の偉業。名球会は入会資格を再考すべきだ。 一村順子5/20(月) 12:12
  3. 3
    亀田興毅が那須川天心に挑戦状 天心のボクシングの実力とは 木村悠5/20(月) 7:00
  4. 4
    湘南戦の大誤審に欠けていたエンパシー。Jリーグの『大問題』が明らかになった 清水英斗5/19(日) 10:59
  5. 5
    「Jリーグで印象的なクラブと選手は…」ACL最多得点イ・ドングッに聞いてみた!! 慎武宏5/20(月) 11:36
  6. 6
    井上尚弥が衝撃KOで決勝戦へ ロドリゲスは戦意喪失 木村悠5/19(日) 13:56
  7. 7
    上原浩治は2010年代のメジャーリーグでトップ10に入るリリーバーだった 宇根夏樹5/20(月) 12:33
  8. 8
    アロンソがインディ500でまさかの予選落ち!しかし、まだアロンソには出場の可能性がある? 辻野ヒロシ5/20(月) 12:02
  9. 9
    上原浩治とともにワールドシリーズ優勝を味わった選手たち。その後、彼らの多くが移っていった球団があった 宇根夏樹5/20(月) 18:43
  10. 10
    令和最初の王者はどこだ!?「戦国」東都大学野球はクライマックスへ 高木遊5/20(月) 12:12