ウェストブルックがNBA史上初の対戦全29チームからトリプルダブルを達成

28日のブルズ戦で史上初の快挙を成し遂げたラッセル・ウェストブルック選手(右)(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 サンダーのラッセル・ウェストブルック選手がNBA史上初の快挙を成し遂げた。

 28日に行われた敵地ブルズ戦で、12得点、13リバウンド、13アシストのトリプルダブル(得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックショットの5部門のうち3部門で二桁を記録すること)を記録し、チームの勝利に貢献した。この結果ウェストブルック選手は、対戦全29チームからトリプルダブルを達成することに成功。これはNBA史上初めての出来事となった。

 サンダーの主力だったケビン・デュラント選手がチームを去ったこともあり、ウェストブルック選手は昨シーズンからトリプルダブルを連発するようになり、オスカー・ロバートソン氏以来55年ぶりにシーズン成績で史上2人目のトリプルダブル(31.6得点、10.7リバウンド、10.4アシスト)を達成していた。

 これまでジェイソン・キッド氏が計28チームからトリプルダブルを達成していたのが史上最多だったが、今回ウェストブルック選手が所属チーム以外の全29チーム制覇を成し遂げた。

 トリプルダブルの通算達成数では、ウェストブルック選手は今回を加え82となり、史上4位にランクしている。ちなみに同1位はロバートソン氏の181回で、以下マジック・ジョンソン氏(138回)、キッド氏(107回)──が続いている。

 今シーズンもここまで6試合中3試合でトリプルダブルを達成しており、今シーズン中にも3位のキッド氏を追い越す勢いをみせている。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛の“本音”取材レポートサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    大谷翔平の名前をアナウンスした米国ウグイス嬢は、なぜ、スムーズに発音できたのか。 谷口輝世子8/22(木) 6:27
  2. 2
    【インディカー】大クラッシュから生還するも、佐藤琢磨に待っていたバッシングとキャリア最大の試練。 辻野ヒロシ8/22(木) 9:00
  3. 3
    30歳を超えて急成長。引退を決意したアドゥリスが見せた意地。 森田泰史8/22(木) 6:13
  4. 4
    3月以来の4連勝!2位に戻った阪神ファームの“新潟遠征こぼれ話” 岡本育子8/21(水) 23:00
  5. 5
    ピオンテク、無得点でセリエA開幕へ 攻撃懸念のミランに忍び寄る「背番号9の呪い」 中村大晃8/22(木) 7:32
  6. 6
    ネット甲子園 第14日 履正社初優勝! そして、ナイスガイ・奥川の大会でもあった 楊順行8/22(木) 19:57
  7. 7
    「日本女子ツアーでプレーする韓国人は確実に減っていく」 イ・ボミら韓国選手の勢いがなくなったワケ 金明昱5/13(月) 11:45
  8. 8
    筒香嘉智の200本塁打は史上8番目の若さ。山田哲人は何位にランクイン!? 宇根夏樹8/22(木) 18:09
  9. 9
    サイクルヒットを狙うべきではなかった!? 三塁で刺されて達成できず、そこで試合は終了 宇根夏樹8/22(木) 15:59
  10. 10
    ジョシュアとの再戦内定。ヘビー級王者ルイスの必勝策はタコスを食べ過ぎないこと 三浦勝夫8/22(木) 14:37