ウェストブルックがNBA史上初の対戦全29チームからトリプルダブルを達成

28日のブルズ戦で史上初の快挙を成し遂げたラッセル・ウェストブルック選手(右)(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 サンダーのラッセル・ウェストブルック選手がNBA史上初の快挙を成し遂げた。

 28日に行われた敵地ブルズ戦で、12得点、13リバウンド、13アシストのトリプルダブル(得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックショットの5部門のうち3部門で二桁を記録すること)を記録し、チームの勝利に貢献した。この結果ウェストブルック選手は、対戦全29チームからトリプルダブルを達成することに成功。これはNBA史上初めての出来事となった。

 サンダーの主力だったケビン・デュラント選手がチームを去ったこともあり、ウェストブルック選手は昨シーズンからトリプルダブルを連発するようになり、オスカー・ロバートソン氏以来55年ぶりにシーズン成績で史上2人目のトリプルダブル(31.6得点、10.7リバウンド、10.4アシスト)を達成していた。

 これまでジェイソン・キッド氏が計28チームからトリプルダブルを達成していたのが史上最多だったが、今回ウェストブルック選手が所属チーム以外の全29チーム制覇を成し遂げた。

 トリプルダブルの通算達成数では、ウェストブルック選手は今回を加え82となり、史上4位にランクしている。ちなみに同1位はロバートソン氏の181回で、以下マジック・ジョンソン氏(138回)、キッド氏(107回)──が続いている。

 今シーズンもここまで6試合中3試合でトリプルダブルを達成しており、今シーズン中にも3位のキッド氏を追い越す勢いをみせている。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛の“本音”取材レポートサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

  1. 1
    那須川天心 亀田興毅との対戦に「ワクワクが止まらない チャンスがあればKOを狙う」 木村悠6/16(日) 7:30
  2. 2
    「珍記録」?サイクル達成で再確認する大谷翔平の才能 豊浦彰太郎6/16(日) 10:55
  3. 3
    好カード続出!! 第90回都市対抗野球大会の組み合わせが決まる 横尾弘一6/16(日) 2:23
  4. 4
    「完璧じゃなくていい」を武器に全米オープン初制覇に挑むG・ウッドランドの最終日に興味津々 舩越園子6/16(日) 14:46
  5. 5
    禁止薬物トラブル続報。JRA所属馬156頭が今週のレースに出走できず。今後に与える影響は? 花岡貴子6/15(土) 19:15
  6. 6
    2日続けて、サイクル安打の達成者が現る。前日の大谷翔平と同じく、こちらもメジャーリーグ2年目 宇根夏樹6/15(土) 17:33
  7. 7
    ′99年準優勝の日本を超えられるか。サッカー U-20W杯決勝戦に挑む韓国代表の実力と優勝の可能性 金明昱6/15(土) 17:00
  8. 8
    昭和生まれの岡崎選手が、平成の怪物から放った令和1号《阪神ファーム》 岡本育子6/15(土) 21:00
  9. 9
    第90回都市対抗野球・出場チームのちょっといい話5/JR東海 楊順行6/16(日) 10:00
  10. 10
    世界バレーで起きた「韓国女子バレー大惨事」。唯一の希望となった美女選手パク・ジョンアとは? 慎武宏2018/10/7(日) 17:03