PS5の映像イベントあす早朝配信 価格発表に注目 見どころ三つ

ソニーの新型ゲーム機「プレイステーション5」=SIE提供

 今年の「年末商戦期」に発売予定の新型ゲーム機「プレイステーション5(PS5)」の映像イベントが17日午前5時から開かれます。先週の9日、ライバルであるマイクロソフト(MS)の新型ゲーム機「Xbox Series X(Xbox SX)」の発売日と価格(11月10日、499ドル)が発表されただけに、ゲームファンの期待が高まっています。イベントの見どころを三つ挙げます。

◇PS5の価格は?

 一つめは、価格です。PS5は、従来のゲーム機と同じディスクドライブを装備した「スタンダードモデル」と、ディスクドライブがない「デジタル・エディション」の2種類があります。注目は、部品のコストカットができるデジタル・エディションです。さすがにXbox SXの廉価版「Xbox Series S(Xbox SS)」の299ドルと張り合うのは、厳しいでしょうが、どこまで下げられるかです。

 目安は、これまで成功したPSシリーズの価格で「4万円を切る」もしくは「400ドルを切る」ラインです。450ドル近辺でもゲームファンは大満足でしょうが、ややインパクトに欠けるのは確かで、一般メディアの評価は辛くなるかもしれません。

 なお、スタンダードモデルは、ライバル機「Xbox SX」の価格の499ドルが目安になるでしょう。PS5の前評判が高いとはいえ、ライバルのゲーム機の価格は無視できません。

◇日本の発売日は?

 二つめは、発売日です。これまでのPS5のイベント開催時間を考えると、米国ファーストなのは明らかです。米国は、商戦期である「Thanksgiving(サンクスギビング)」(11月第4木曜日)より前にするのが妥当ですね。問題は米国以外の地域の発売タイミングで、特に日本の発売時期でしょう。

 PS4の場合、北米発売は2013年11月15日、欧州は2週間遅れの11月29日でした。日本の発売時期は当初こそ「年末」としていましたが、結局は年明けの2014年2月22日になりました。

 日本のゲームファンには大ブーイングの決定でしたが、この決断はビジネスとして大正解でした。PS4は約5カ月で当初計画の500万台を上回る760万台を出荷し、欧米で売り切れ続出。2014年5月の経営説明会で、ソニーの平井一夫社長(当時)は、わずか半年で“勝利宣言”をしました。現在、1億1000万台を出荷したPS4ですが、日本市場のシェアは1割弱と推測されます(ソニーは地域別の出荷台数は非開示)。

 PS5も、PS4の例に習えば、日本の発売時期を後ろにずらすのがベターとなります。ライバルのXbox SXは、米国と同じ11月10日に発売されますが、Xboxシリーズは日本の普及に相当苦戦した歴史があります。つまり「日本では恐れなくてもいい」という判断もありますから、読みづらいところです。

 日本の年内発売が実現しても、PS5の台数が相応に確保できないと、商品不足で転売のターゲットになり、価格が高騰する可能性があります。ゲームファンの不満が爆発して、批判の矛先がソニーに行くのは防ぎたいところです。

◇さらなる有力ソフト発表できるか

 三つめは、新たな有力ソフトを発表できるかです。既に「バイオハザード8」や「グランツーリスモ7」などは発表済みですが、出れば出るほど望ましいのは言うまでもありません。

 ただしソフトメーカーのゲームは、ライバルのゲーム機やPCでも出る可能性があります。可能ならソニーグループ傘下のゲーム開発会社からの大作ソフトが出るのが理想です。ゲーム画面を見せずとも、自社の有力ソフトの続編をにおわせるだけでも、PS5への期待はさらに高まります。

 イベントで、PS5の発売日も価格もスルーされる可能性もあるわけですが、ファンもメディアも興ざめし、逆効果でしょう。新型ゲーム機の発売は6~7年に一度しかない“お祭り”でもあります。無料のスマホゲームでは楽しめない、豪華なゲームを披露し、専用ゲーム機を買う意義や欲望を刺激するなどしてほしいものです。そしてゲームは「エンタメ」なのですから、予想外のサプライズも期待しています。

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

有料ニュースの定期購読

河村鳴紘の「記事も鳴かずば撃たれまい」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
ゲームやマンガ、アニメなどサブカル分野を取材すること20年以上。現場から経営までの取材経験を元に、取材側から見える視点、今だから明かせる昔話、業界の矛盾などに切り込みます。ネット向け記事を執筆して多くの話題を提供した実体験を元に、記事を作る上での“仕掛け”なども明かします。記事の制作が効率優先のお手軽になりつつある現状を勝手に憂いつつ、情報の発信方法に悩む皆様の“助け船”になれば幸いです。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。