ラグビーW杯開催もラグビーのテレビゲームは… リスク回避重視の“本音”

ラグビーワールドカップの日本代表対アイルランド代表の試合(写真:森田直樹/アフロスポーツ)

 ラグビーのワールドカップ(W杯)が開幕し、28日には日本代表が世界ランキング2位の格上・アイルランドを撃破しました。テレビでも生中継され、関連番組も放送されるなど盛り上がっています。興味を持ち始めた人も多いのではないでしょうか。

 ところが、日本でのW杯開催にもかかわらず、テレビゲームには肝心のラグビーソフトがほぼない状況です。PS4のオンラインショップで「ラグビー」を検索してもヒットはせず、ニンテンドースイッチは1件あったものの、スマホゲームでも遊べるタイトルで、残念ながら日本代表は登場しません。実は本物のCGのような本格的なラグビーゲーム(PS4など)があるのですが、海外版を手に入れるしかありません。

 要するに、ラグビーW杯で、ラグビーが一般に認知される好機、ビジネスチャンスにもかかわらず、日本のテレビゲームのメーカーは「不要」という判断を下したことになります。

 これは、私がゲーム業界を20年間取材して感じることなのですが、日本のソフトメーカーは、“未開”の分野への「ベット(bet、賭け)」が得意ではありません。例え挑戦しても、リスクの見切りが早く、総じて待つことが苦手でもあります。

 もちろん、これまでに出たゲームソフトで、挑戦的な作品も存在しますが、私が取材する限りでは、企画者が情熱で押し切ったり、トップが決断するという話が多いですね。誰かが首を賭けない限り話が進まないというのは、ゲーム業界に限らずある話ですが。

 あるソフトでは、最初は社内で反対されながら、責任者が黙って開発を進めて既成事実を作り、やむなく売ったらヒットして人気シリーズになった……という嘘のような笑い話もあります。それはそれで企業としては問題ですし、話も割り引いておくとして、挑戦的なことができないことの裏返しと言えるでしょう。

 特にテレビゲームは普通は億単位の開発費がかかりますから、失敗をいかに減らすかに重点が置かれるのは、仕方のない面はあります。斬新なアイデアのゲームは、小規模で取り組むインディーズゲームでフォローしようという動きもあるのですが、知名度不足、宣伝不足もあり、順調とは言い難いところです。

 さて、そうした中で、ラグビーゲーム不在の状況のゲーム業界を救っているのは、皮肉にも携帯ゲーム機市場を実質的に滅ぼしたスマートフォン用ゲームです。スマホゲームにはラグビーゲームが複数あり、無料でプレーできるものもあります。App Storeの無料ゲームのランキングには、日本代表が活躍した日の翌日に順位が上がるなど、目に見える相関関係にあります。実際、サッカーゲームも同じでして、W杯の日本代表の活躍次第で、ソフトの売れ行きが劇的に変動するのです。

 そうしたゲーム市場の事情を考慮しても、ラグビーという新ビジネスのタイミングで、各社の“本音”が気になるところですね。ゲームファンを増やす好機にもかかわらず、可能性を自らゼロにしているわけです。「ベット」するだけなら、いくつかあるラグビーゲームの中から、日本市場販売の権利を取得し、翻訳なしで売る方法もありますが、それもしていません。日本市場は、ゲームソフトを扱う販売店に卸せば、返品ができない商慣習があります。交渉次第で、やりようはあると思うのです。

 「ラグビーゲームは売れない」というのは、現状その通りでしょう。ただし、ビジネスの面白くて難しいところなのですが、社会的ヒットになった商品は、前評判は乏しいものが大半です。ゲーム機を見ても、PS、ニンテンドーDS、Wii、スイッチもそうですね。そりゃヒットすると分かっていれば、どの会社だって手を出すわけですからね。

 ビジネスでは、リスクを取らずにリターンはありえません。リスクとリターンのバランス、リスク回避は重要ですが、キャッシュも相応にあるはずの大手のゲーム会社であっても、冒険を避ける傾向にあります。もう失ったチャンスは取り戻せませんが、未開の分野へ「ベット」する意味をもう一度考えてほしいと思います。

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

有料ニュースの定期購読

河村鳴紘の「記事も鳴かずば撃たれまい」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
ゲームやマンガ、アニメなどサブカル分野を取材すること20年以上。現場から経営までの取材経験を元に、取材側から見える視点、今だから明かせる昔話、業界の矛盾などに切り込みます。ネット向け記事を執筆して多くの話題を提供した実体験を元に、記事を作る上での“仕掛け”なども明かします。記事の制作が効率優先のお手軽になりつつある現状を勝手に憂いつつ、情報の発信方法に悩む皆様の“助け船”になれば幸いです。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。