なぜ、名古屋は梅雨入りして、東京は梅雨入りしないのか。答えがないまま20日が経った。来週は晴れが続く予想で、東京の梅雨入りは先へ先へと延びる見通し。一方、暑さは本格化、30度以上の真夏日が続く可能性もある。

梅雨入りに理由なし

 東海地方が梅雨入りしたのは先月16日、それから20日が経ちました。東海地方と関東甲信地方の梅雨入りは平年で比べるとわずか1日の差しかなく、これほど間が空いたことはありません。どうしてこうなってしまったのか、もっともらしい理由は思い浮かぶけれど、どれも言い訳のように思えてなりません。

 5月16日以降の天気を、名古屋と東京で比べてみました。6月4日までの20日間で、1ミリ以上の雨が降った日は名古屋が8日だったのに対して東京は11日ありました。一方、20日間の合計雨量は名古屋の方が多く、東京の2倍です。

5月16日以降の天気を名古屋と東京で比較した表(著者作成)
5月16日以降の天気を名古屋と東京で比較した表(著者作成)

 これだけをみると、名古屋と東京の天気に然したる違いはないです。梅雨入りを、名古屋は現状を重視し、東京は暦を意識したのでしょうか。

遠のく、東京の梅雨入り

 6月11日は入梅(雑節)です。暦の上では梅雨の季節を迎えます。この先10日間の天気予報ではあす(6日)は東京、名古屋ともに雨になりますが、その先はしばらく晴れが続く可能性が高いです。そして、再び、天気が下り坂に向かうのは13日頃からとなっています。

6月5日午前11時発表の10日間天気予報:6日~12日は気象庁予報、13日~15日はウェザーマップ予報(著者作画)
6月5日午前11時発表の10日間天気予報:6日~12日は気象庁予報、13日~15日はウェザーマップ予報(著者作画)

 これまで早い梅雨入りかと思われていた関東甲信地方ですが、一転して遅くなることが確実になりました。梅雨入りが14日以降にずれ込んだら、2007年以来のこととなり、今度は記録的に遅くなる可能性もあります。

暑さが本格化

 来週は日本付近で高気圧が強まり、全国的にみても晴れる日が多くなる予想です。夏至(21日)が近づき、日差しは夏の装いです。梅雨入りしている地域も、していない地域でも気温は高く、30度以上の真夏日となるところが多いでしょう。

東京の予想最高気温グラフ(気象庁の週間天気予報より、著者作成)
東京の予想最高気温グラフ(気象庁の週間天気予報より、著者作成)

 東京の予想最高気温も高く、予想の範囲を含めると30度に達する日もありそうです。まだ暑さは序の口ですが、「こう暑くては猫といえどもやり切れない。皮を脱いで、肉を脱いで骨だけで涼みたいものだ(夏目漱石、吾輩は猫である)」と猫がぼやく暑さが来ると思うとうんざりです。

【参考資料】

青空文庫:夏目漱石「吾輩は猫である」