インド洋ダイポールモード現象 豪の森林火災と日本の暖冬

オーストラリアで大規模な森林火災 煙による大気汚染も深刻に(写真:ロイター/アフロ)

 オーストラリアで続く大規模な森林火災。インド洋西部の海面水温が上昇するインド洋ダイポールモード現象が発生し、オーストラリアだけでなく、日本にも影響が広がっている。

豪で記録的な高温と干ばつ

 南半球のオーストラリアはこの夏、観測史上最も暑い夏になりました。1月24日はアデレードで最高気温46.6度を記録、都市部でも極端な暑さに見舞われました。また、1月から10月までの降水量はオーストラリア全体で平年を34パーセント下回り、1902年以来最も少なくなったそうです。

 この極端な雨不足により、ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州、南オーストラリア州で深刻な森林火災が発生しています。大規模な火災による煙(赤破線で囲った部分)は日本の気象衛星ひまわりでも捉えられました。

気象衛星ひまわりが捉えたオーストラリア森林火災の煙(2019年11月21日、ウェザーマップ)
気象衛星ひまわりが捉えたオーストラリア森林火災の煙(2019年11月21日、ウェザーマップ)

 

 また、米航空宇宙局(NASA)の専門家はオーストラリアから南太平洋に流れだす煙を追跡し、南アメリカから大西洋まで達したと述べています。

インド洋ダイポールモード現象が発生

 この異常とも言えるオーストラリアの雨不足はインド洋の海面水温に原因があります。エルニーニョ現象が終息したこの春以降も、インド洋西部の海面水温は基準値より高い状態が続いていて、それにより発生した上昇気流が乾いた空気となって、インドネシアからオーストラリアに吹き降り、雨が降りにくい状況を作り出しているのです。

オーストラリアの干ばつと日本の暖冬をインド洋ダイポールモード現象で説明した模式図(著者作成)
オーストラリアの干ばつと日本の暖冬をインド洋ダイポールモード現象で説明した模式図(著者作成)

 インド洋ではエルニーニョ/ラニーニャ現象と同じように、西部と東部の海面水温がシーソーのように変動することが知られていて、これをインド洋ダイポールモード現象(Indian Ocean Dipole)と言います。

日本は暖冬に

 このインド洋ダイポールモード現象は日本の天候にも影響します。インド洋西部で海面水温が高い場合、雲が通常よりも活発に発生し、上昇気流が強められます。この強い上昇気流はユーラシア大陸を西から東に流れる偏西風の流れを変え、偏西風は日本の北を流れやすくなるのです。

 偏西風が日本の北を流れると、暖かい空気が日本列島を覆い、全国的に気温が高くなります。この秋の記録的な高温も、この冬の暖冬予想も、元をたどればインド洋にたどり着きます。

向こう1か月(12月7日~1月6日)の平均気温は全国的に平年を上回る可能性が高い(気象庁ホームページより)
向こう1か月(12月7日~1月6日)の平均気温は全国的に平年を上回る可能性が高い(気象庁ホームページより)

 オーストラリア気象局はインド洋ダイポールモード現象が当初の予測より長引き、来年1月まで続く見通しを示しています。日本も年始にかけて、強い冬型の気圧配置が現れにくく、全国的に気温が高くなりやすいとみられています。

【参考資料】

気象庁:1か月予報、2019年12月5日発表

オーストラリア気象局:ENSO Wrap-Up Current state of the Pacific and Indian oceans、26 November 2019

オーストラリア気象局:Special Climate Statement 70 update drought conditions in Australia and impact on water resources in the Murray-Darling Basin、29 November 2019

世界気象機関(WMO):2019 concludes a decade of exceptional global heat and high-impact weather、3 December 2019

世界気象機関(WMO):Australia hit by heat and fires、21 November 2019

米航空宇宙局(NASA):NASA's Terra Satellite Sees Fire and Smoke from Devastating Bushfires in Australia、November 14 2019