涼しい7月に オホーツク海高気圧で、気温上がらず

7月5日午前9時の地上天気図(ウェザーマップ、著者加工)

 このまま冷夏に?今年の梅雨は雨が多く、涼しい。今後、冷涼な風をもたらすオホーツク海高気圧が居座るため、気温の低い状態が続く見通し。

夏セールに冷ややか

 タイトル画像は5日(金)午前9時の地上天気図です。太平洋側に梅雨前線、北海道の北にはオホーツク海高気圧があり、典型的な梅雨の天気図です。

 東京の今月の日照時間はわずか3時間(5日まで)、ほとんど日差しがありません。昨年(2018年)の今頃は梅雨が明けていたことを思い出すと、今年の多雨冷涼が際立ちます。街では夏のセールが始まりましたが、心なしか盛り上がりに欠けているようです。

このまま涼しい夏になるのでしょうか?

 雨が多いこの時期は気温の変化が小さいですが、それでも気温は8月上旬に向けて、少しずつ高くなっていきます。だから、今の気温がそのまま続くだけでも、平年との差が広がり、気温が低い予想となります。

 では、7月前半の最高気温を昨年(2018年)、平年値、今年(週間予報を含む)で見てみましょう。

【東京】7月1日~12日 最高気温くらべ(7月5日午前11時の週間予報を参考にした、著者作成)
【東京】7月1日~12日 最高気温くらべ(7月5日午前11時の週間予報を参考にした、著者作成)

 5日の最高気温は24.5度と平年を3度ほど下回りました。6日(土)以降も平年を下回る気温が続く予想です。昨年と比べると、その差は歴然です。

さらに、その先は?

 先月から始まった2週間気温予報によると、15日(月・海の日)頃にかけても、気温の低い状態が続く可能性が高い。

2週間気温予報(7月5日発表)、関東甲信地方の平均気温を予想したもの(気象庁予報より、著者作成)
2週間気温予報(7月5日発表)、関東甲信地方の平均気温を予想したもの(気象庁予報より、著者作成)

 夏の高気圧=太平洋高気圧の張り出しが弱く、一方で冷涼な風をもたらすオホーツク海高気圧がしばらく居座る見通しです。

 このような気圧配置は典型的な冷夏型です。この状態が長く続けは続くほど、盛夏はやってこない。そう思いながら時間が過ぎていく。そろそろ答えがわかる頃です。

【参考資料】

気象庁:全般季節予報支援資料1か月予報(7月6日~8月5日)、2019年7月4日

気象庁:2週間気温予報