高知県で1000ミリ 記録的な大雨が長引く理由

3日間の降水量は西日本を中心に500ミリ超(6日午後4時現在,ウェザーマップ)

 高知県で1000ミリ超の記録的な大雨。この一週間、全国で大雨が相次いでいる背景には、平年より勢力が強い太平洋高気圧(亜熱帯高気圧)と偏西風の北上がある。

4年ぶりの1000ミリ大雨

 先月29日、関東甲信地方が梅雨明けし、これまでの天気が一変しました。

 台風7号の接近、そして活発な梅雨前線の影響で、この一週間は全国で大雨が相次ぎました。高知県馬路村魚梁瀬(やなせ)では、この3日間の降水量が1196ミリ(6日午後4時まで)に達しています。

 3日間の降水量が1000ミリを超えたのは2014年8月の台風12号以来、4年ぶりのことです。このときは高知市中心部を流れる鏡川が増水し、濁流が住宅地に流れ込みました。

 1000ミリ大雨は過去、例が少なく、2000年以降では2004年、2005年、2006年、2011年、2014年です。温暖化の進行で、大雨が頻発しやすくなっているとはいえ、東京の年間降水量約1500ミリと比較すると、その凄まじさが想像できます。

 こちらは1976年以降で、1000ミリ大雨を記録した場所を図にしたものです。

全国で3日間の降水量が1000ミリを超えた場所(1976年以降,著者作成)
全国で3日間の降水量が1000ミリを超えた場所(1976年以降,著者作成)

 西は鹿児島県、東は神奈川県と太平洋側で発生していることがわかります。南寄りの非常に湿った風が山地にぶつかり、上昇気流となって発達した雨雲を作るからです。とくに、九州山地、四国山地、紀伊半島は大雨になりやすい場所です。

なぜ、次から次へ大雨が発生するのでしょう?

 その答えは太平洋高気圧(亜熱帯高気圧)と上空の偏西風にあります。こちらは最近一週間(6月27日-7月3日)の上空5000メートル付近の天気図です。

 ちょっと見慣れない天気図ですが、北極を中心にして北半球全体を示した図です。日本列島は図の下側、中央にあります。

北半球における7日平均500hPa高度と平年との差:2018年6月27日-7月3日(気象庁ホームページより)
北半球における7日平均500hPa高度と平年との差:2018年6月27日-7月3日(気象庁ホームページより)

 注目したのは日本の東にある太平洋高気圧です。高気圧の勢力は平年よりも強く、さらに日本列島に近い位置にあります。そして、上空の偏西風は北海道の北を流れ、いつも以上に暖かく湿った空気が日本列島に流れ込みました。

 太平洋高気圧や上空の偏西風はスケールの大きい現象のため、広範囲で同じような天気が長く続く原因になります。この構図が崩れるまで大雨が続くのです。

 天気予報では台風や梅雨前線など、今起こっている現象に注目しがちですが、高い所に上ると遠くが見渡せるように、天気でも上空の天気図を見た方が全体を見通せるのです。

【参考資料】

気象庁ホームページ:毎日の全国観測値ランキング,72時間降水量の日最大値

気象庁ホームページ:大気の循環・雪氷・海況