低気圧が急発達 21日にかけて暴風と大雪

九州の西に寒気の吹き出しに伴うすじ状雲がみられる(20日正午,ひまわり8号)

強い寒気と低気圧が発達する影響で、首都圏は帰宅の時間も雨や雪が降る。また、西日本では風雪が強まり、荒れた天気に。仙台など東北の太平洋側でも大雪となるおそれがある。

首都圏は帰宅の時間も雪が降る

20日は日本列島の広い範囲に雲がかかり、雨や雪の降っている所が多くなっています。関東地方も午前中から冷たい雨や雪が降っていて、東京都心でも雪が降りました。予想よりも気温が低く推移しているため、雪やみぞれの範囲が広がる可能性があります。

低気圧は20日夜、東日本を通過するでしょう。風の強い範囲は西日本から東日本に広がり、雪を伴って非常に強く吹く見込みです。

こちらは20日午後6時の雨雲・雪雲の予想です。

20日午後6時の雨雲・雪雲の予想図(20日午後1時現在)
20日午後6時の雨雲・雪雲の予想図(20日午後1時現在)

本州の広い範囲に雨雲・雪雲がかかる予想です。雲にすき間が目立ちますが、弱い降水域が広がっている可能性があり、ちょうど帰宅の時間帯の首都圏は雨や雪が混ざりあうような天気です。

そして、低気圧が発達しながら関東の東海上に進むコースは東北太平洋側で大雪となる例が多いです。仙台では次第に雪が強まり、21日朝にかけて15センチの降雪が予想されています。交通機関は大雪への対策が必要でしょう。

また、20日午後1時現在、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、鹿児島県に暴風警報が発表され、風が強まっています。

20日午後6時の風の予想図(20日午後1時現在)
20日午後6時の風の予想図(20日午後1時現在)

西日本は20日夜にかけて荒れた天気となり、日本海側を中心に再び大雪、平地でも雪が積もる見込みです。道路の積雪や凍結によるスリップ事故、農作物への影響が心配されます。

【参考資料】

暴風雪と高波及び大雪に関する全般気象情報 第3号(20日5時00分)

大雪に関する宮城県気象情報 第1号(20日10時55分)などの府県気象情報