ソフトバンクGと話題の『フォートレスインベストメントG』の関係図式

フォートレスインベストメントGとの関係図 出典:KNN

KNNポール神田です。

ソフトバンクG傘下の投資ファンドの『フォートレスインベストメントG』の動きが活発だ。

□米メディア大手ニューメディア・インベストメント・グループは(2019年8月)5日、主要紙「USAトゥデー」などを発行する新聞大手ガネットを約14億ドル(約1500億円)で買収すると発表した。

出典:米ニューメディア、「USAトゥデー」を買収 1500億円で

ソフトバンクG傘下で、フォートレスインベストメントG傘下のニューメディア・インベストメントGが『USAトゥデー』を発行する『ガネット』を14億ドルで買収する。ニューメディア・インベストメントG傘下の全米39州で150紙を発行するゲートハウスメディアと合併させ新会社として800万部の新聞メディア企業が誕生する。ちなみに読売新聞の発行数は835万部

□ソフトバンクグループ傘下の投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループは2019年8月16日、エイチ・アイ・エス(HIS)から敵対的TOB(株式公開買い付け)を受けている不動産会社ユニゾホールディングス株に対し、TOBを実施すると発表した。ユニゾは同日、フォートレスのTOBに賛同する意向を表明した。

出典:ユニゾ、ソフトバンクG系のTOBに賛同表明

ユニゾHDの発表資料

出典:ユニゾホールディングス
出典:ユニゾホールディングス

□サッポロ合同会社(フォートレス・グループ)による 当社株券に対する公開買付けに関する 意見表明(賛同)の概要

https://www.unizo-hd.co.jp/news/file/20190816_4.pdf

TOB(公開買付)による『ユニゾHD』争奪戦開始

フォートレスインベストメントG関係図
フォートレスインベストメントG関係図

https://www.fortress.com

『ソフトバンクG』は、『フォートレスインベストメントG』を2017年12月に33億ドル(3300億ドル)で買収した。しかし、『CFIUS対米外国投資委員会』の投資規制によってソフトバンクGは投資の指示はできない。アリババ傘下のアントの買収でCFIUSによる業務運営への制限を受けている。

ソフトバンクG傘下の『フォートレスインベストメントG』の不動産系が本業であり、割安なところを抱え、高く売るという投資業務で成立している。2013年420億円で買収したシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは、シンガポールのGICへ、傘下のホテル投資を重視するREITインヴィンシブル投資法人(運用資産は2,911億円)と共に1000億円規模で運用している

また、運用成績にあわせての報酬体系は、そのまま『SVF(ソフトバンクビジョンファンド)』の運営に大きな影響を与えている。『SVF』のラジーブ・ミスラは、フォートレスインベストメントGの元シニアマネージングダイレクターであった。

また、『フォートレスインベストメントG』は、複数のメディアカンパニーを持つ『ニューメディア・インベストメントG』を傘下に持ち、ガネットを14億ドル(1400億円)で買収することにより、全米39州で150紙を発行する『ゲートハウスメディア』と『ガネット』を合併し、新会社として『ガネット』を運営することとなる。発行部数は合計800万部で全米47州の263社を運用する。これはむしろ、新聞業務の経費削減策として利益が出せる体制づくりと受け取るほうが正解だろう。新聞やCATVは、インターネットメディアの躍進で窮地に立たされている。コストを抑えて利益構造を作ることによって生き残りを模索している。

■関連コラム

ヤフーKKがソフトバンクKK傘下に ソフトバンクG、PayPay、SVFの資本構成とUBERのIPO

https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20190509-00125368/