2018年12月9日は『マウス誕生の日』、『IT』誕生50年、『インターネット』誕生25年

出典:IT2550.net

KNNポール神田です。

今年(2018年)は、1993年にウェブブラウザー「NCSA Mosaic」が発表され、インターネット商用化が本格的に始まってから、25年周年にあたる。

また、1968年12月9日(米国時間)にダグラス・エンゲルバート氏が、マウスやウィンドウ、ハイパーテキストなど、その後のパーソナルコンピューターやインターネットの歴史の出発点となった「The Mother of All Demos(すべてのデモの母)/The DEMO(ザ・デモ)」を行ってから50周年だという。

今回のシンポジウムは、その“ITが誕生した日”からちょうど50年後となる日本時間の12月10日に、「インターネット商用化25周年&『The DEMO』50周年記念」として企画したもの。

出典:12月10日は“IT誕生”50周年、アラン・ケイ氏らが出演して日本全国で記念シンポジウム

http://it2550.net/

※筆者もこのシンポジウムの発起人の一人である。

50年前の『1968』に予言された未来のカタチ

今から50年前、1968年、スタンリー・キューブリック監督による映画『2001年宇宙の旅』が公開された。AIコンピュータのHALが反乱を試みる映画だ。進化の鍵は謎の『モノリス』と呼ばれる石版だった。その石版に触れた時に新たな知性が開花する…。

1968年、12月9日、ダグラス・エンゲルバートが、『The DEMO』をおこなった。その日のデモはまるで『モノリス』の啓示のように、IT誕生の瞬間でもあった…。

1968年、ベトナム戦争で消耗し続けたアメリカ。ARPA(INTERNETの原型ARPANETを開発)から研究開発の支援を受けていたダグラス・エンゲルバートが世界で初めて、『マウス』というデバイスでコンピュータを操作する『GUI(グラフィカルユーザインタフェース)』を披露した。

1968年、同時期、XEROX研究所のアラン・ケイ博士は、『ダイナブック』というコンセプトを提唱し、誰もがプログラミングでき、誰もが持ち歩けるタブレット型の『パーソナル・コンピュータ』を構想していた。アラン・ケイ博士はXEROX社でGUIを搭載した『Alto』を開発する。

ダグラス・エンゲルバートとアラン・ケイの1968年のアイデアからすべてのITが創造された。

10年後、1979年Apple社のスティーブ・ジョブズが、XEROX社のパロアルト研究所(PARC)を訪れ、多いにインスパイアされ、パーソナルコンピュータのMacintoshを1984年に誕生させた。同時にビル・ゲイツもWindowsのアイデアへと進化させる。

そして、スティーブ・ジョブズが興したNext社のコンピュータでティム・バーナーズ=リーがWWWを発明し、米国イリノイ大学の学生だったマーク・アンドリーセンが『Mosaic』ブラウザを1993年に発明する。今から25年前のことだった。世界ではじめて、文字とグラフィックスが同時に扱えるというインターネットの世界が人々に公開された。

米国時間の2018年12月9日、ダグ・エンゲルバート協会主催の「TheDemo@50」が開催され、“インターネットの父”ヴィントン・サーフ氏、“ワールドワイドウェブ(WWW)の父”ティム・バーナーズ=リー氏らも集い、IT誕生50周年を盛大に祝う予定だ。

https://thedemoat50.org/

日本では、アラン・ケイ博士が2018年12月10日(月)にインターネット中継で講演を行う。

無料で視聴は可能。シンポジウムは有料だ。

http://it2550.net/whats_it2550/

IT誕生から50年、インターネット誕生から25年。『未来を予測することは、自ら発明することだ』の名言を残したアラン・ケイ博士が、2018年の今からこれからのミライをどう語るのか?

IT誕生から50年、インターネット誕生から25年。

これからのミライをシンポジウム発起人の一人として楽しみにしている。