2013年10月22日Appleの発表会
2013年10月22日Appleの発表会

http://www.apple.com/jp/apple-events/october-2013/

新製品がいろいろと発表となった…。

http://store.apple.com/jp

しかし、なぜか心が踊らなかった…。

スペックの若干のアップと、価格の値下げのオンパレードだからなんだ。

今回のようなラインナップの発表会をわざわざ、やる意味あるんだろうか?

ほとんど事前にリークされている情報どおり。まるで答え合わせを未明に一生懸命やっているようだ。

コンピュータやタブレットがもはや成熟している製品だから仕方ないとはいえ、心踊るような製品を密かに期待し続けている。財布を気持ちよく開きたいのだ。今回も財布を開くには今のところ至らない。

しかし、アップル製品は、スペックだけではわからないことが一杯ある。触ってみてはじめて、実感する良さが多いのだ。そこはマイクロソフト製品との明確な違いだ。

いや、マイクロソフト製品というよりもそれをインストールしているベンダーの特徴に左右される。それはGoogleのAndroidにもいえる。アップルはその意味ではハードとのバランスが一番いい製品といえる。だからストアで手にとって確かめてからが本当のインプレッションといえるだろう。

今回の発表での個別の感想だが…。

MacBook Pro

通信会社とこれだけアップルは、つながっているんだから、4G LTE 仕様のMacBook ProとかMacBook Airも、オプションでいいので出してほしいところだ。ノートパソコン使う度に、Wi-Fiスポットへ行くとか、モバイルルーター引っ張りだしたり、7GBの壁を気にしながらのテザリングはもう面倒だ。

今どき、いつでもどこでもつながらないノートなどありえない。

PanasonicのLetsnoteでさえ、開けばWi-MAXでいつでもネットにつながるというのに…(泣)。

iPad

ボクはあまり、Retinaにこだわっていないので、軽さを優先したiPad mini の高スペックバージョンを期待していた。しかし、軽いiPad miniはA5プロセッサ(308g)だ。しかし、今回のiPad mini Retina(331g)との差は、わずか23gだからiPad miniのRetinaでもいいだろう。

ただ、このminiの画面でRetinaの高精細度が、シニア眼になっていて堪能できるのかの自信がない。しかしRetinaになることによっての重さが23gで治まったことは凄いといえる。

むしろ、気になるのが、iPad Airだ。

iPad Air の469g と薄さに関しては、実際に手で持つと、もっともっと軽く感じることだろう。

…なので、iPad mini Retinaのチェック狙いだけど、iPad Airも触ってからの検討だ。

しかしだ。iPad Airは良さそうなんだけど、なぜか感動しないのだ。

かつて、ソニーのウォークマンは「2」になった時には、カセットテープよりも小さくなるという衝撃を与えてくれた。アップルにはそれと同様の事を期待しているから、心が踊らないのだ。発表をチェックしながら、いつも、ため息ばかりでてしまう。

MacPro

トラッシュボックス型のMac Proが価格も発売時期も発表となった。それはいいとして、問題はあの大きなオカモチスタイルのMacProがなくなってしまったことだ。iPad2だけはしつこく残っているというのに…(笑)。

New MacProを導入すると、想像できるのが、タコ足配線地獄だ。

ストレージは標準で256GBしかない。現在のオカモチ型でフルに2TB×4=8TBでも不足しているのに…。当然、Thunderboltで6台まで接続するとしたら、それらの外部HDDの電源コードが台数だけいる。現在のオカモチMac Proなら電源コードひとつで解決している…。

あと、気になるのが重量だ。なぜ、スペックに重量がまったく書かれていないんだろう?ずっしりと重たいのだろうか?しかしあのサイズで10kgなんてことはないだろう。

そこで、アイデアがひとつある。

取っ手をつけてほしい。すると電子ジャーポットのように持ち運び移動できる。すると3kgくらいまでならかなりモバイルとしても使えそうだ。

そして、MacBook ProやMacBook Airや iPad をモニター出力装置として使うのだ。

Mavericks OSのマルチディスプレイなら対応できそうだ。ダメならParots

最高のスペックでオフィスでなく作業できるのだ。ワイヤレスだから電源さえ確保できればMac Proは目立たないところにおいて使えばいい。スタバやコメダ珈琲で、MacProを置いて仕事をしている人がいたら、相当目立つにちがいない(笑)

OS X Mavericks

そして、ただいま、OS X Mavericksをダウンロード中。5.29GBもあるので、相当の覚悟でダウンロードだ…

OS X Mavericks 無料だ!
OS X Mavericks 無料だ!

OSが無料というのも、8.1を売ろうとしているマイクロソフトのビジネスを完全否定しているとも言える。

すでにアップルはOSを販売するよりも、AppsやiTunes Storeなどの購入のレベニューシェアで成立している流通業でもあるからだ。OSという名のプラットフォームを配布し、そこから購入する人たちの利益が期待できるというフリーミアム戦略が成立する。

でも、Mavericksは、OS X シリーズだ。おそらく10.9 で最後の OS Xになることだろう。

ここは、来年2014年の6月WWDCの OS XI (11)発表に期待したい!

かつてのSystem 7 のような感動はもうOSに、ないんだろうか?

次の OS XI でガラっと変わってiPhone iPadの iOSもMacOS XI で走るとか…!

すると、モニタの前で指をかざしたり視点入力とか…テレパシーとかGoogle GlassとかRingで…。iWatchからの操作かな?モバイルとノート、そしてデスクトップのシナジ−をもっと活かした画期的な新製品を期待したい。

妄想はつきない。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

有料ニュースの定期購読

KNN総研リポートサンプル記事
月額1,999円(初月無料)
月3回程度
ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。