【1月18日の関連記事スクラップ/刺傷事件犯人「東大無理に心折れる」/テレワーク定着の課題】

本日の大学・就職・教育・キャリア関連記事をスクラップ。

火曜は朝日・読売・東京・日経が教育面をそれぞれ掲載の曜日。

関連記事は28本。全体では、刺傷事件犯人「東大無理に心折れる」、テレワーク定着の課題、など。

●朝日新聞 6本

国立大交付金の新ルール、評価は 国立大学協会・永田恭介会長に聞く(21面・3段)▲

(いま子どもたちは)『 』になる@風越:3 興味とことん、レールのない学び(21面・2段)

留学生入国、認める 卒業・修了迫る87人対象 政府(25面・3段)

雇い止めのCA、無期転換認める 地裁、訓練中も有期雇用(25面・3段)

高2「スマホ捨てた」 警察が端末捜索 東大前刺傷事件(27面・6段)

欠席、事件影響なら追試 共通テスト東大会場、「精神的動揺」申し出に対応(27面・4段)

●読売新聞 4本

子ども政策 審議一元化 新設庁に有識者会議(4面・3段)

教育ルネサンス 「情報1」目前・1 プログラミング必修時代 生徒の9割「難しい」 指導悩む高校 モラルや統計 4分野で構成(14面・4段)▲

東大前刺傷 刃物3本「自分で購入」 逮捕の高2供述 凶器の包丁など(32面・5段)

国費留学生 87人入国へ 政府、例外的に 卒業・修了を考慮(32面・2段)

●毎日新聞 1本

東大前刺傷 事件目撃し動揺、未受験生に追試 少年「スマホ捨てた」 計画に使用、証拠隠滅か 教頭「進路で悩んでいたのは事実」(24面・8段)

●産経新聞 2本

社説 企業のコロナ対策 社会活動の継続に全力を(2面・3段)

「東大無理」に心折れる 3人刺傷 少年、面談引き金か 刺傷事件で欠席 追試験の対象に 共通テスト東大会場(25面・6段)

●東京新聞 7本

社説 受験生ら刺傷 コロナ禍 孤独の危うさ(5面・3段)

21世紀の国語教育 多様な読み方経験を 作家 中沢けいさん 思考広げる授業を 文部科学省視学官 大滝一登さん 読解力 人生を豊かに 名古屋外国語大教授 村上慎一さん(6面・6段)▲

0~2歳児の就寝、夜9時以降が半数(7面・1段)

バイト時給 4カ月連続最高(7面・1段)

笑顔と共に 子育て歳時記 宮里暁美 凧揚げに夢を乗せて(14面・6段)

コロナ禍のもやもや語ろう STANDUPSTUDENTS学生座談会 すべてオンライン本当に孤独 「若者は…」責められると苦痛 「おかしい」と言いにくい空気 45%学生生活「充実せず」 20%「シフト減り収入減」(14面・4段)

未受験は追試対象に 刺傷事件影響 東大2会場(27面・3段)

●日本経済新聞 8本

企業の在宅勤務再拡大 パナソニックなど オミクロン急拡大、出張・会食も自粛(15面・2段)

経済教室テレワーク定着への課題(上) 無形資産の蓄積、普及を左右 滝澤美帆・学習院大学教授 在宅勤務普及がコロナ下のGDP下支え ICTや人材・組織投資、円滑移行の鍵に 平時から効率的な働き方で生産性向上を(25面・7段)■

統治改革、執行と監督分離を 私学側の批判、誤解多く 文部科学省「学校法人ガバナンス改革会議」座長 増田宏一氏 世論の行方、焦点に(27面・6段)▲

受験考  進路選択 「正解」にするのは自分(27面・3段)

中小テレワーク DXの壁 都内実施率3~4割 基盤整備・意識改革カギ(33面〈東京・首都圏経済〉・3段)

地下鉄内で放火計画か 東大前刺傷 液体染みたリュック放置 事件受け共通テスト欠席、追試験の対象に(37面・7段)

共通テスト平均、文系は510点前後(37面・2段)

セーラー服 憧れと誇りと 10年かけ女学校935校を調査、起源と普及の歴史探る 刑部芳則(38面・5段)

※記事タイトル後ろの■■■はYahoo!ニュース個人有料版の「採用担当者がおさえておきたい記事3選」選出記事。■は同・推奨記事。

※※記事タイトル後ろの▲▲▲はYahoo!ニュース個人有料版の「教育関係者がおさえておきたい記事3選」選出記事。▲は同・推奨記事。

本日は合計で約700字、加筆しました。