ソニーが最新XperiaのSIMフリー販売を決断

5Gに対応したXperia 1 II。

ソニーは、最新モデル「Xperia 1 II」のSIMフリー版を発売する。価格は13万6800円(税込)。

Xperia 1 IIはこれまではNTTドコモとau向けに販売されていたが、10月30日から家電量販店などでSIMフリースマホとして購入可能だ。

Xperia 1 IIはソニーで初めて5Gに対応したスマホとなる。カメラ性能に特にこだわり、ソニーのデジタルカメラ「α」シリーズの技術的なノウハウなどを詰め込んだ機種となっている。人物やペットの瞳に合わせて焦点が合う「瞳AF」といった「α」シリーズで人気の機能をスマホで使えるのが特徴だ。

Xperia 1 IIのSIMフリーモデルでは「デュアルSIM」に対応。SIMカードを2枚挿入して、利用することが可能だ。例えば、1枚目としてNTTドコモやKDDIのSIMカードを入れつつ、2枚目に楽天モバイルや格安SIMを挿入。こうすることでキャリアが提供する音声のかけ放題サービスを利用しつつ、格安SIMの安価なデータ通信サービスを使うといったことが可能となる。

国内キャリア版ではRAMが8GB、ROMが128GBであったが、SIMフリー版ではRAMが12GB、ROMが256GBと増量されている。また、SIMフリー版ではおサイフケータイに対応するものの、フルセグは使えない。

さらに、ソニーではXperia 1、Xperia 5もSIMフリー版を8月28日に発売する。

これまでソニーは、SIMフリー市場に対して、お試し的に製品を発売したことはあったが、あまり積極的ではなかった。しかし、ここにきて、一気にSIMフリーラインナップの強化を決断してきた。ここ最近、ソニーのXperia事業は低迷が続いており、SIMフリー端末の本格参入でなんとか販売台数を挽回したい考えだ。

SIMフリー市場では、これまで販売シェアの高かったファーウェイが、トランプ政権からの禁輸措置により、グーグル関連サービスが使えなくなり、販売が苦戦するという状況に追い込まれている。SIMフリー市場でトップを走っていたファーウェイに異変が起きたことで、ソニーにもチャンスが回ってきたということになりそうだ。

SIMフリー限定カラーとなる「フロストブラック
SIMフリー限定カラーとなる「フロストブラック

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

有料ニュースの定期購読

石川 温の「スマホ業界新聞」サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
日々、発信されるスマートフォン関連のニュース。iPhoneにまつわる噂話から、続々と登場するAndroidスマートフォンの新製品情報。話題に事欠かないのがスマートフォン業界です。膨大なニュース記事があるなか、果たして、どの情報が重要で、今後を占う意味で重要になってくるのか。ケータイジャーナリスト・石川 温が独自の取材網を生かしたレポート記事を執筆。スマートフォン業界の「今」を伝えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。