「トルコらしいフードシェア」トプカプ宮殿からボスポラス海峡を臨める絶景レストランでの心温まる光景

トルコ・イスタンブール、トプカプ宮殿のレストランの従業員(筆者撮影)

トルコ・イスタンブールに渡航した際、トプカプ宮殿のレストランで、心温まる光景を目にした。

おそらく、お客が食べ残したパンを、従業員が細かく砕き、置いていた。

レストランに置かれたパン(筆者撮影)
レストランに置かれたパン(筆者撮影)

日本なら、衛生的ではない!と言って、顔をしかめられるだろう。

パンを細かく砕いて置いている、レストランの従業員(筆者撮影)
パンを細かく砕いて置いている、レストランの従業員(筆者撮影)

このレストランは、トプカプ宮殿のテラスにあり、席からは、マルマラ海やボスポラス海峡を臨むことができる。

トプカプ宮殿は、イスタンブールの旧市街側にある。マルマラ海とボスポラス海峡、金角湾に囲まれた丘にあり、見晴らしがよい。

レストランから眺められるマルマラ海とボスポラス海峡(筆者撮影)
レストランから眺められるマルマラ海とボスポラス海峡(筆者撮影)

レストランで食事を頼むと、まず、パンが出てくる。すべてが剥き出しではなく、袋に入っているものもある。

レストランで出されたパン。袋にくるまっているものもある(筆者撮影)
レストランで出されたパン。袋にくるまっているものもある(筆者撮影)

食べなかったものは、そのまま従業員が下げていった。袋に入っていたものは、そのまま使えるだろう。食べ残したものを、他の生き物にあげていたのだと思われる。

トプカプ宮殿の美しいタイル(筆者撮影)
トプカプ宮殿の美しいタイル(筆者撮影)

トルコでは、道の片隅にも、水や食べ物が置かれていた。ネコや犬たちのために準備されていた。

釣った魚の一部を、集まってくるネコたちにあげている釣り人もいた。

ネコは、イスタンブールの街で、大事にされている。

港を眺めて佇むネコ(筆者撮影)
港を眺めて佇むネコ(筆者撮影)

飲食店で、お客の食べ残しはどうしても発生する。食べかけのものは、人に対して再利用することはできない。でも、動物にだったら分けてあげることはできる。

日本だったらたしなめられるだろう。でも、トルコのレストランの従業員の自然な振る舞いは、心温まる光景だった。

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。「食品ロス削減推進法」成立に協力した。世界資源研究所(WRI)とオランダ政府が運営し食品ロス削減を目指すチャンピオン12.3メンバー。著書に『賞味期限のウソ』『食品ロスをなくしたら1か月5000円の得』。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。