手作りバターを作ろう 子どもの夏休みの自由研究に

(写真:アフロ)

「いつも記事楽しく読んでいます」という読者の方から連絡を頂いた。小学生のお子さんの夏休みの自由研究の題材として、食品ロスを画策しているとのこと。

よく、「子どもは野菜を食べない」と言うが、自分で育てた野菜はしっかり食べる、という。夏休みの間、野菜を今から育てて食べるのは難しいとしても、自分自身で食べ物を作ってみる体験は、食べ物の成り立ちや有り難みがわかり、食品ロスを減らそうという意識にも繋がるので、おすすめだ。

朝食のバタートーストや、トウモロコシのバター焼きなどに使うバターは、市販のものを買うこともできるし、自分で手作りできる。夏休みの機会に作ってみてはどうだろう。

バターの作り方

<材料>

生クリーム(乳脂肪分が42%以上のもの) 30ml(大さじ2杯)

<容器>

ふた付きの容器(100ml以上入るもの)

わりばし

乳脂肪分42%以上の生クリームと、ふた付きの容器を準備する(筆者撮影)
乳脂肪分42%以上の生クリームと、ふた付きの容器を準備する(筆者撮影)

<作り方>

1、生クリームは、よく冷やしておく。

2、生クリームを容器に入れる。

生クリームを容器に入れる(筆者撮影)
生クリームを容器に入れる(筆者撮影)

3、ふたをして、よく振る。

生クリームを入れて、よく振る(筆者撮影)
生クリームを入れて、よく振る(筆者撮影)

4、ふたを開けて、わりばしでかき混ぜ、出てきた水分を別のコップに移す。これを3回ほど繰り返す。

だんだん水分がなくなっていく(筆者撮影)
だんだん水分がなくなっていく(筆者撮影)

5、容器に残った黄色っぽいのがバター。出来上がり。

出来上がったバター(筆者撮影)
出来上がったバター(筆者撮影)

以上。

ペットボトルでも可能

インターネット上でも作っている人がいて、ペットボトルを使っている人がいた。ここではプラスティックごみに配慮して、ガラスのビンを使った。ペットボトルを使う場合は、底が、平らではなく、凹凸があり、撹拌されやすいものの方がいいようだ。

ペットボトルを使う場合、底に凹凸があるものがおすすめ(筆者撮影)
ペットボトルを使う場合、底に凹凸があるものがおすすめ(筆者撮影)

タカナシ乳業株式会社の生クリームには、パッケージに、作り方にアクセスできるQRコードが付いている。

タカナシ乳業株式会社の生クリーム(筆者撮影)
タカナシ乳業株式会社の生クリーム(筆者撮影)

作って食べた後は、市販のものと味を比べたり、市販のバターの表示を読んでみたりして、普段は買ってきている食べ物の成り立ちを調べてみよう。

<参考資料>

純生クリームで作ろう!手作りバター(タカナシ乳業株式会社)

手作りバターの作り方(タカナシ乳業株式会社)

書籍『食で総合学習 みんなで調べて作って食べよう!2 バター・ヨーグルト』監修:和光鶴川小学校 文:藤崎友美 金の星社