台風8号が異例のコースで関東~東北地方に接近しようとしています。25日(日)21時現在、台風8号は日本の南東の海上にありますが、今後は左にカーブするように日本列島に進んでくる見込みです。この時期の台風は、西日本から回り込むようにして日本列島を縦断していくコースが一般的ですが、今回はそれを反転させたような、まるで逆のコースをとる見込みです。

高気圧と寒冷渦

 このようなコースをとる原因は、日本付近に張り出している高気圧と、寒冷渦です。現在、太平洋高気圧は、東の海上から北日本中心に張り出しているため、台風はその縁を沿うように進みます。また、台風の西側には、上空に寒気を伴った低気圧「寒冷渦」があります。寒冷渦は反時計回りで回転しており、その流れに乗るようにして、日本列島へ向かうというわけです。

台風が左にカーブする様子 北側に高気圧、西側に寒冷渦がある(25日21時の実況天気図に筆者加工/ウェザーマップ提供)
台風が左にカーブする様子 北側に高気圧、西側に寒冷渦がある(25日21時の実況天気図に筆者加工/ウェザーマップ提供)

東北地方への影響は?

 台風が接近するとなると、大雨、暴風、高波、高潮と、警戒が必要な現象がさまざまありますが、今回、最も警戒すべきは「大雨」となりそうです。

 東北地方では、太平洋側(福島県・宮城県・岩手県)が影響を受けやすい地域となります。特に、山の東側斜面では、湿った空気がぶつかって雨雲が発達しやすくなるため、雨量が多くなるおそれがあります。福島県~宮城県南部に連なる阿武隈高地の東側は、その典型例といえるでしょう。

 雨は、26日(月)の夕方から降り始める見込みで、26日(月)18時~27日(火)18時までの24時間の予想雨量は、東北太平洋側の多い所で100~200ミリ。その後も28日(水)にかけて断続的に雨が降る見込みで、雨量はさらに増えるおそれがあります。多くなりそうなのは、福島県の浜通り、中通り、宮城県の南部(丸森周辺)、岩手県の沿岸地域とみられます。

 土砂災害、河川の増水などに警戒してください。特に、土砂災害警戒区域などにお住まいの方は、気象庁ホームページの危険度分布を見ていただき、危険が迫っているようであれば、自治体が発令する避難情報を待たずに、早めに安全な場所へ避難していただくよう、お願い致します。

26日18時~27日18時までの24時間予想降水量(ウェザーマップ提供)
26日18時~27日18時までの24時間予想降水量(ウェザーマップ提供)

※台風進路図は最新のものをご確認ください。