この冬の東北地方は暖冬なのか? ポイントは「北極振動」

北極の氷(写真:アフロ)

 先日、気象庁から、冬(12月~2月)の3か月間の長期予報が発表されました。

 9月に発表された寒候期予報では、この冬は全国的な「暖冬傾向」が見込まれていましたが、最新の予報でもその傾向は変わっていません。しかしながら、そうとも決めつけられないのが、長期予報の難しいところです。

冬型の気圧配置が長続きしない

予想される海洋と大気の特徴(気象庁ホームページ)
予想される海洋と大気の特徴(気象庁ホームページ)

 暖冬か寒冬か。それを決めるポイントとなるのが、上空の偏西風です。この冬、日本付近では、偏西風は平年より北を流れる予想です。偏西風を境に、北側には冷たい空気、南側には相対的に暖かい空気があります。平年より北を流れるということは、南側の暖かい空気が流れ込みやすく、寒気の南下が弱いということを意味しています。

 冬型の気圧配置が長続きせず、東北地方の気温は高めの傾向。日本海側では雪が少なめの傾向で、スキー場の関係者にとっては、少々頭が痛い予報になっています。

太平洋側の雪は低気圧次第

 暖冬傾向の予報が出ると、太平洋側でも雪が少ないのか...と思われるかもしれませんが、日本海側とは少々事情が違います。太平洋側の雪は低気圧によるところが大きく、低気圧がどこを通るかで、雪の量が大きく変わります。長期予報では、個々の低気圧のコースまでは予測できないため、現時点では、太平洋側の雪については、はっきりとは言えない状況です。

 ただ、12月は低気圧の影響を受けやすくなる見込みで、例年よりも雨や雪が多くなる可能性が示唆されています。

「北極振動」によっては寒冬の可能性も

 今回の3か月予報には、一つ大事なことが加味されていません。それが「北極振動」と呼ばれる現象です。

 北極振動とは、北極域とその周辺の中緯度域の間で、気圧がシーソーのように変動する現象です。北極域の気圧が低いと、中緯度域の気圧が高くなります。この場合、寒気は北極域に閉じ込められ、中緯度域には流れ込んできません(正の北極振動)。逆に、北極域の気圧が高くなると、中緯度域の気圧が低くなります。この場合、北極域の寒気が中緯度域に放出され、日本は寒くなります(負の北極振動)。いわば、北極にある冷蔵庫の蓋が開き、冷たい空気が周囲に流れ出したような状態です。

 この北極振動は3か月予報では予測が困難なため、今回の予報には考慮されていない、考慮したくてもできないというわけです。

 仮に、寒気が放出されるパターン(負の北極振動)になってしまうと、低温の可能性もあり、今回の予報でも20%ほどその確率が見込まれています。