あまり注目されない 梅雨入り・梅雨明けの「確定値」

今年の梅雨入り・梅雨明けの確定値(気象庁ホームページを加工)

 きのう9月2日、気象庁から、今年の梅雨入り・梅雨明けの「確定値」が発表されました。と言われても、よくわからない方は多いと思います。

 梅雨入り・明けはすでに発表されていますが、あれはあくまでも「速報値」です。気象庁は、春から夏にかけての天候経過を振り返り、梅雨入り・明けの時季を確定させる作業を行い、毎年9月に「確定値」として発表しています。時には、速報値から大幅に変更されることもあります。それだけ、季節の移ろいを予想して線引きすることは難しいということです。

東北南部の梅雨明けは 7月30日ごろ→7月25日ごろ に

7月25日午前9時の実況天気図(ウェザーマップ)
7月25日午前9時の実況天気図(ウェザーマップ)

 今年、東北南部の梅雨明けは、少し待たされました。7月は曇りや雨の日が多くなりましたが、7月25日ごろからは晴れて暑くなり、梅雨明けを発表してもいいような気圧配置になっていました。しかし、実際に発表されたのは7月30日。当時、南の海上には台風があり、不安定降水も予想されていたため、発表が遅れたものとみられます。

 これが再検討の結果、やはり7月25日ごろには梅雨は明けていたという判断になり、確定値は5日早くなりました。これは多くの人の実感と一致しているかもしれません。

ひっそりと発表される「確定値」

 この「確定値」は、気象庁のホームページでひっそりと発表され、あまり日の目を見ることはありません。大々的に報じられることもありません。梅雨はもう終わったことで、多くの人の関心は、この先の天候に向いているからだと思います。

 しかしながら、この「確定値」こそが正式な梅雨入り・明けとなります。これを知らないと、東北南部の梅雨明けは、おそらく7月30日のままです。

 今年の確定値については、気象庁の「夏(6月~8月)の天候」のページに詳しく載っていますから、一度ご覧になってみるといいかと思います。