2016年3月9日(水)の午前中、日本全国で日食が起こります。日本で日食が体験できるのは、2012年5月21日の金環日食以来およそ4年ぶり。ただし、今回は約2割程度が欠ける部分日食です。

日食とは、太陽-月(新月)-地球の順に宇宙空間で3つの天体が一直線に並ぶことで起こる現象です。昼間、太陽からの光を受けた月の裏側、すなわち月の影に地球が入ってしまい、そこだけ昼間なのに光があたらない、または太陽の一部が欠けてしまうのが日食です。年に2回程度地上で日食は発生しているのですが、月の影になる範囲はとても狭いため、広範囲で見られる月食とは異なり、地上の同じ場所からはめったに起こらない現象となっています。

図解 日食が起こる仕組み  提供:国立天文台天文情報センター
図解 日食が起こる仕組み  提供:国立天文台天文情報センター

3月9日、南方の太平洋海上の帯状の範囲で、最大4分10秒程度の皆既日食が見られます。このため、太陽が完全に月に隠される皆既日食を見ようと国内からインドネシアの島々やその周辺の海上まで出かける日食ハンターの人たちも沢山います。こういった日食ツアーの申し込みも締め切り間近の時期となっています。

皆既日食が起こる帯状の範囲を皆既帯と呼びます。皆既帯の外側の一定範囲では、太陽は完全には隠れませんが、一部のみ隠れる部分日食になります。この日、日本各地では、天候に恵まれれば、午前中に僅かではありますが、太陽が欠ける様子を観測用具を用いることで観察可能です。那覇では太陽の面積の22%、東京では15%、札幌では5%が、月によって隠されます。 なお、タイトル画像に示されている「食分」とは、面積ではなく、月によって覆われた太陽の直径の度合いを示しています。

東京での見え方 東京での食の最大は11時8分頃  提供:国立天文台天文情報センター
東京での見え方 東京での食の最大は11時8分頃  提供:国立天文台天文情報センター

太陽の観察はとても危険です。太陽の光と熱のエネルギーは膨大なため、直接、太陽を見ると失明する危険があります。肉眼でも危ないのですから、天体望遠鏡や双眼鏡を使うことは極めて危険です。科学館スタッフや星のソムリエ(星空案内人)のような天体観察に詳しい人と一緒に、太陽投映法という間接的な方法で観察する以外は天体望遠鏡や双眼鏡は絶対使わないでください。太陽観察用の遮蔽版または日食グラスを用いて観察することをお勧めします。または、木漏れ日やピンホールカメラを用いて観察する方法もあります。より詳しい情報は国立天文台の解説ページ(ほしぞら情報)をご覧ください。

太陽の光を見かけ上減光できるからといって、黒いごみ袋、アルミホイル、ポテトチップスなどの袋、色付きの下敷きなどで見ることもとても危険です。これらは赤外線を通してしまうため、可視光を減光していても、熱によって網膜が傷ついてしまう可能性が指摘されています。なお、2012年に入手した日食グラスをお持ちの方は、表面が傷ついていないか、色が変色していないか等を確認してから使うようにしましょう。

日食グラスの例 太陽光が直接、目に入らないよう工夫された用具を使いましょう
日食グラスの例 太陽光が直接、目に入らないよう工夫された用具を使いましょう