都道府県別に節分の日の恵方巻きの購入性向をさぐる(2020年公開版)

↑ 恵方を向いて無言で食べ切ると福を呼ぶとの話がある恵方巻きだが。(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

節分の日に恵方を向き、無言で食べ切るとよいことが起きる、願い事がかなうとして、風習化の傾向がある恵方巻き。一方でスーパーやコンビニの過剰入荷と売れ残り品の廃棄問題も社会問題化している。今回は総務省統計局の定点調査「家計調査」の公開値を用い、節分の日における恵方巻きの地域別における購入性向の実情を確認する。

まずは実際に、どれほどまでに節分の日に恵方巻きが買われているかを、家計調査から確認する。日次支出金額が確認できる二人以上世帯における、2019年の節分の日である2月3日を含む1~2月の動向が次のグラフ(性質上長期間の買い置きはしないものと思われるが、念のために1月も精査対象としている)。対象品目は「すし(弁当)」。飲食店以外の持ち帰りのすし類が該当し、冷凍品は含まない。具体的にはにぎりずし、まきずし、いなりずし、ちらしずし、折詰ずしが例に挙げられているが、恵方巻きはこの品目に該当すると考えられる。

↑ 二人以上世帯における日次支出金額(すし(弁当)、円)(2019年1~2月)
↑ 二人以上世帯における日次支出金額(すし(弁当)、円)(2019年1~2月)

前日の2月2日にも64.48円とやや大きめの値が出ているが、節分の日当日の2月3日は言葉通りけた違いの値が出ている。節分の日における恵方巻きは、得てして当日購入するのが一般的のようだ。食べるスタイルや消費期限を考えれば当然の話ではあるが。

続いて都道府県別。こちらは総世帯における年間支出金額を用いている。

↑ 総世帯における支出金額(すし(弁当)、年間、都道府県別、円)(2019年)
↑ 総世帯における支出金額(すし(弁当)、年間、都道府県別、円)(2019年)
↑ 総世帯における支出金額(すし(弁当)、年間、都道府県別、円)(2019年)(地図化)
↑ 総世帯における支出金額(すし(弁当)、年間、都道府県別、円)(2019年)(地図化)

全国平均では11390円。最低値は沖縄県の6532円。最高値は三重県の13678円。地域属性はさほど影響を与えていないように思われる。あえていえば近畿地方がやや高めに出ている感はある。他方、都道府県別の人口を考えれば、各地の支出金額総額のランキングは別のようになるのは容易に想像できる(試算では東京都の値がトップとなっている)。

すし(弁当)が恵方巻きに限ったものではないので断定はできないが、恐らくは恵方巻きは節分の日当日に集中に購入され、一般の世帯で消費されているものと思われる。地域別では近畿地方で多く買われているようだが、都道府県別の消費量を勘案すると東京都が一番となる。

元々半ば作られた形での風習ではあるが、皆が楽しむ分には恵方巻きを節分に食べるのは一向に構わない。ただ、過剰入荷のような問題は避けてほしいものではある。

余談ではあるが最近は夏の恵方巻きと称し、立秋に節分の日同様の恵方巻きを食べようとの動きがある。しかしながら家計調査の限りでは、立秋(2019年は8月8日)に恵方巻きの消費が活発化するような動きは見られなかった。

↑ 二人以上世帯における日次支出金額(すし(弁当)、円)(2019年8月)
↑ 二人以上世帯における日次支出金額(すし(弁当)、円)(2019年8月)

むしろお盆休みにかけて支出金額が増えているが、これは帰省してきた子供や孫などのために、恵方巻きではなく他のすしを振る舞っているのが値となって表れているのだろう。

■関連記事:

【中食系食品などの購入動向推移をグラフ化してみる】

【新型コロナウイルスでの買い占め騒動の実情をグラフ化してみる(日々の購入動向編)】

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。