食品選択時の重視点と世帯年収との相関関係をさぐる(2020年公開版)

↑ スーパーに並ぶ食品群。さてどれを選ぶのか、その重視点は。(写真:アフロ)

好き嫌いや自分・家族の要望、目の前にある食材の鮮度、安全性、大きさ、そして価格。自分や家族が食べることになる食品を選択する際の着目点は多様。普段食品を選ぶ際に、どのような点を重視しているだろうか。その着目点は経済的な環境の違いで差は生じるのだろうか。今回は厚生労働省が2020年1月に発表した定期調査「国民健康・栄養調査」(※)の最新版となる2018年分における概要報告書などの公開値を基に、世帯年収別での食品選択時の重視点を確認する。

次に示すのは男女に区分した上で、世帯年収を200万円未満・200万円以上400万円未満・400万円以上600万円未満・600万円以上に区分し、食品を選択する際に重視している点を複数回答で答えてもらったもの。なお世帯年収別区分では年齢階層と世帯員数による多変量解析を行い、各種調整をしてあることに注意する必要がある。つまりそれぞれの世帯年収で、年齢階層や世帯構成人数は同率ずつ存在している状況となっている。年収200万円未満の区分内では高齢者の比率が大きいため重視点が他の世帯年収層と異なるといった、アンバランスな状態の統計値ではない。

まずは男性。

↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、男性、複数回答、世帯年収別)(2018年)
↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、男性、複数回答、世帯年収別)(2018年)

どの世帯年収層でもトップは美味しさ、次いで好み、そして価格、安全性が続く。多少の差異はあるが、この順位で変化が無い。低世帯年収ほどエンゲル係数が高くなる傾向があるため、価格により強い関心を抱くのではと思いがちだが、実際にはそうでもないようだ。

一方で一部イレギュラーが出ているものの、おおよそ世帯年収が高いほど各選択肢の回答率が高くなる傾向が確認できる。世帯年収が高い人ほど食品選択の際により一層の選り好みをするようだ。

女性でも大勢は変わらない。

↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、女性、複数回答、世帯年収別)(2018年)
↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、女性、複数回答、世帯年収別)(2018年)

ただし男性と比べるとほとんどの項目で値が高くなっている。また好みよりも価格の方が、一部世帯年収層では安全性も高い値を示しており、自分以外の世帯構成員のことも考えて食品を選択することが多い女性の実情がうかがえる。

さらに男性同様、女性もまた、高世帯年収ほど値が高めの結果が出ている。世帯年収が高いほど食へのこだわりが強くなるようだ。

男女や世帯年収の差異が一目で把握できるのが次の結果。それぞれの属性の回答数の平均値を算出したもの。

↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、複数回答、回答数平均値、男女別)(2018年)
↑ 食品を選択する際に重視する点(20歳以上、複数回答、回答数平均値、男女別)(2018年)

高世帯年収ほど、そして男性よりも女性の方が回答数は多い。食費に回せる金銭的な余裕と、誰のための食品選択なのかにより、大きな違いが生じている次第ではある。

また今件結果を読み返すと、男性は概して美味しさと自分の好みに合えばよいと考えているのに対し、女性はそれに加えて価格や安全性にも注意を配っていると読み解くことができる。それぞれに向けた食品を提供する側には、色々と考えさせられる結果に違いない。

■関連記事:

健康目的の通販利用、何を買ってる継続してる?

大豆食品選択時にも表れる「食の安全」への意識

※国民健康・栄養調査

健康増進法に基づき、国民の身体の状況、栄養素など摂取量および生活習慣の状況を明らかにし、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基礎資料を得ることを目的とした調査。2018年調査分における調査時期は2018年11月中、調査実施世帯数は3268世帯で、調査方法は調査票方式。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロではないプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。