久しぶりにヒットの予感がするシェーバーに出合った。

P&Gのブラウンから新製品として「Braun Mini M-1000」が1月29日に発売された。重さがわずか150gというミニサイズのこちらの価格はオープンプライスで、実勢価格は5980円(税別)と買いやすい。リモート時代の新シェーバーはレトロ顔なのに新しく見える。その特徴を解説していこう。

バウハウス由来のミニマルなデザインが秀逸

メインの電気シェーバーを持った上で、2台目として想定されている本機。サイズは約60×27×110mm(幅×奥行き×高さ)とかなり小さく、トレンドのミニバッグにさえすっぽりと納まるほど。完全防水で丸ごと水洗いもOK。

携帯性は抜群によい(出典:ブラウン)
携帯性は抜群によい(出典:ブラウン)

しかもデザインは1962年に発売されたマックスブラウン時代のオリジナルモデル「Sixtant」を踏襲したミニマルなもの。2021年はブラウンにとって創業100年を迎える記念すべきタイミングにそのような歴史あるアーカイブから新製品を出してくるのは心憎く、機能とデザイン性の両立というバウハウスの理念が脈々と継承されていることがうかがえる。

ミニマルなパッケージは同じバウハウスの流れを汲むiPhoneを彷彿とさせる(筆者撮影)
ミニマルなパッケージは同じバウハウスの流れを汲むiPhoneを彷彿とさせる(筆者撮影)

スッキリとしたデザインは電気シェーバーらしからぬ佇まい(筆者撮影)
スッキリとしたデザインは電気シェーバーらしからぬ佇まい(筆者撮影)

電気シェーバーのサブ機を使うシチュエーションとは?

コロナ禍でヒゲを剃る機会は減少傾向にある。そんな中で本当に電気シェーバーを2台持ちする必要があるのだろうか?

多くのヒゲの濃い男性が経験しているだろうが、朝ヒゲを剃っても夕方になるとザラザラとしてくる。通称・青ヒゲは顔がくすんだようにも見えてしまう。だがこれは仕方がないことで一説によるとヒゲが1日のうちでもっとも伸びるのは朝6時~10時ごろと言われている。10時以降に剃るのであれば多少、くすみは抑えられるかもしれないが朝に出勤するパターンの人は夕方の青ヒゲ状態を回避するのはなかなか難しい。

そんなときに“ちょい剃り”できるシェーバーは便利だ。コロナ禍ではあり得ないが夜にパーティーやデートなどが控えていたらサッと伸びてきたヒゲを剃りたいシーンもあるだろう。また、在宅でもオンライン会議の前に目立つところだけを剃っておくというのもいい。短期の出張ならこれ1つで済ませることもできるし、ジムやスーパー銭湯などに持って行って使うというのも便利だ。マスク生活に慣れてしまうとヒゲの清潔度を保つことがつい疎かになるが、今後社会が元に戻った時を考えてみると、たしかに使用用途は広くサブ機を持つ理由は多い。

リモートワーク中でもオンライン会議の前にヒゲを剃っておくことは相手への気遣いでもある(出典:ブラウン)
リモートワーク中でもオンライン会議の前にヒゲを剃っておくことは相手への気遣いでもある(出典:ブラウン)

実は、男性の美容意識の高い韓国で先行発売されており、過去最大の反響でわずか2週間で7000台を突破。以前からあるブラウンの携帯用シェーバー「M-90」は、年間で1万台くらいの販売だったというから、そのすごさがうかがい知れる。最近では購買の動機づけに欠かせない口コミも5点満点のうち平均4.7のポジティブなレビューがあったとのこと。

夕方の青ヒゲ解消やオンライン会議でも活躍する高機能

シチュエーションは申し分ないが果たして機能はというと、これが同社の中の最高峰モデル「シリーズ9」に搭載されている「ディープキャッチ網刃」を装備した2枚刃というからなかなかのもの。先述したモバイルシェーバーの「M-90」に比べ、2倍のパワーを実現したそう。この網刃の搭載によりアゴ下などランダムに生えているヒゲでも着実に根元から剃ることができる。さらに少し伸びてしまった長いヒゲを効率的にキャッチするトリマーも搭載。この「2連密着ブレード」により、深剃りの実感を味わうことができるのだ。

ディープキャッチ網刃とトリマーを備えた“2連密着ブレード”は、モバイル用シェーバーとして画期的(筆者撮影)
ディープキャッチ網刃とトリマーを備えた“2連密着ブレード”は、モバイル用シェーバーとして画期的(筆者撮影)

ちょい剃り需要としてはパナソニックに「ファースト フェイスシェーバー ER-GM40」があるが、これはあくまでもヒゲが薄い人のためのものだろう。眉シェーバーの様な形状で、眉も剃れるついでにうぶ毛程度のヒゲに対応するというものであった。しかし、この「BRAUN mini」はサブ機としての位置づけだが、この機能ならヒゲの薄い人や中高校生が持つファーストシェーバーとしても十分に役割を果たしてくれるに違いない。

同社によるとモバイルシェーバーの市場は、現在17億円程度。これはシェーバー全体の2%にすぎない。他の製品は乾電池式で、さらに1枚刃が大半を占める。「BRAUN mini」は2枚刃で差別化し、50億円に市場の形成を目指しているという。設計開発から2年と同社の中ではかなり短期間で発売にこぎ着けた。中でもデザインとパフォーマンスの融合に最も時間を割いたという。たしかに携帯性と所有欲が見事に達成されていると感じた。

今後、改善して欲しいところもある

いいこと尽くめのようだが、少し改良して欲しい点もある。まず、充電方式。今回は電源がACのみで、USB充電でないのはモバイル性を考えると残念。だが完全防水を考えると現段階では仕方ないとのこと。今後、このシリーズでさらなる新製品の展開を考えているとのことでもあり、アップデートが期待できる。

そして今後はカラーバリエーションも前向きに検討しているとのこと。個人的にはあえて男のギア感の少ないオールホワイトの登場を願っている。現在のブラックの筐体もスタイリッシュでいいとは思うが、マットな本体に対して保護キャップ部分がグロッシーな仕上がり。これが取り外しのたびに触ると指紋や手油が目立ってしまい、やや清潔感に欠けてしまうのが気になる。

とはいえ画期的なイノベーションに乏しく、長らく停滞していた電気シェーバー市場に新風が吹いたことはたしか。2枚刃のパワフルさと携帯性、デザイン性が高められた本製品は、男性の新しいグルーミングスタイルを提案してくれることになるだろう。

Braun Mini M-1000

ニッケル水素電池内蔵

充電時間約1時間で連続使用時間は約40分

約5分の充電で1回のシェービングができる急速充電に対応

対応電圧AC100-240V

網刃保護キャップ、電源コード付属